HOME >>  3Dプリンター > この発想は無かった!!イヤホンいらずの骨伝導サングラス

この発想は無かった!!イヤホンいらずの骨伝導サングラス

ウェアブルデバイスは、グーグル・グラスや例のリング型コントローラーなど
普及までの道のりが長そうなモノが多いですよね。

しかし、キックスターターに登場したウェアラブルデバイス「BUHEL SG05」はすごく実用性の高そうな製品です。

BUHEL SG05」のコンセプトは、“サウンドグラス”。

サングラスのフレームに骨伝導スピーカーが内蔵されており、耳にイヤホンを付ける必要がありません。

さらに、マイクがノーズパットの部分にマイクがついてるので
ハンズフリーで会話をすることも出来ます。

BUHEL SG05の構造

サングラスのフレームの部分が、タッチコントローラーになっているので
ポケットからスマホを出さなくて良さそうですね。
Bluetoothを使った通信で、iPhoneやAndroid、Windows Phone対応なので色々な端末で使うことが可能です。

ユーザーとしては、ゴルフやジョギング、スカイダイビングなどスポーツでの利用を想定しているようです。

BUHEL SG05で、様々なスポーツを楽しむ BUHEL SG05でゴルフ

ちなみに、日本でも歩きながらや自転車に乗って音楽を聞いている人も多いと思いますが
遮音性の高いイヤホンをつけると危険だったりします。

「BUHEL SG05」は骨伝導スピーカーなので、周りの音も遮断されず音楽も聞こえるというスグレモノもの。

ウェアラブル端末でも、「BUHEL SG05」のような実用的な製品が
もっと増えてくるといいですね〜

骨伝導スピーカー サングラス型のイヤホン

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス