HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > カリフォルニアの企業が、肝臓を3Dプリンターで作ることに成功。

カリフォルニアの企業が、肝臓を3Dプリンターで作ることに成功。

3Dプリンターの肝臓

3Dプリンターが出始め頃に、臓器も作れるようになるみたいな話を聞いて、難しそうだと思っていました。

基本的に物体を積み上げて行く3Dプリンターの積層方式と、細胞の培養はマッチングが悪そうだと感じたからです。

しかし、カリフォルニアの企業Organovoの研究者達が、小型の肝臓を3Dプリンターで作ることに成功したそうです。

 

▼こちらから映像をみることが出来ます。

 

大きさは、厚さは0.5mm、幅は4mmと小さなものです。

しかし、研究者によると「ホルモンや薬を体に運ぶタンパク質のアルブミンや、脂肪を運ぶコレステロール、アルコールを分解する酵素といったものがちゃんと生成されます」と機能的には普通の肝臓とほぼ同じだそうですよ。

大きさ的には臓器移植にはまだ遠そうですが、このままでも医薬品の研究などには十分役立つそうです。

従来は肝臓の組織を一部だけ取り出して使っていたので2日間しか使えず、肝臓の機能は再現できませんでした。それに対して、3Dプリンターの肝臓は、5日間使えて肝臓の機能も再現できるという利点があります。

研究者達は、将来的には完全な肝臓を作ることを目指しているそうで、臓器移植が3Dプリンターで実現する日も近いやもしれません。

以前ご紹介した記事では、オックスフォード大学が3Dプリンターで生体組織を作ったことをご紹介しました。

医療分野での3Dプリンターの活用がもっと進むと世の中が大きく変わりそうですねー

 

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座