HOME >>  3Dプリンター > プログラムをしないでも「RaspberryPi」を遠隔操作できるスマホアプリ「Blynk」が凄い!!

プログラムをしないでも「RaspberryPi」を遠隔操作できるスマホアプリ「Blynk」が凄い!!

出典元:Blynk

出典元:Blynk


いきなり猛暑がやって来ましたが、みなさんとろけてないでしょうか??
まるです。

僕の最近の遊び相手「RaspberryPi」ですが、これで遊んでいる最大の理由が
「モノのインターネット化(Internet of Things、IoT)」が導入しやすいからなのです。
ですがぁ、、、、実際にやるとなるとプログラム、ネットワーク、電子工作のスキルなど、沢山の知識と根気が必要でそう簡単には実装できません。
そんな、難しい問題を飛び越えて、スマホから誰でも簡単に「Raspberry Pi」や
「Arduino」をコントロールできる「Blynk」と言うアプリを義紹介したいと思います。
これの何が凄いって、プログラムもしないで、簡単にネットワーク越しに電子回路が操作できるようになるんです・・・

「Blynk」とは??

サービスの概要は、こんな感じです。

出典元:Blynk

出典元:Blynk

Blynk」は2015年2月から「KickStarter」で資金の募集を行っていました。面白いのが「KickStarter」では珍しい「サービス」に対しての募集だったことです。そして目標金額$10,000に対して$49,235を集めることに成功し、めでたく「2015年4月末」よりアプリとサーバーの提供が開始された出来たてホヤホヤのサービスなのです。

利用方法は、スマホにアプリをインストールして、RasberryPiに設定をすれば誰でも簡単に使うことができるんです。

そんなわけで、さくっと設定してみましょう!!

「Blynk」アプリのインストール

AS_link

GP_link

私はiPhoneなので、設定をします。

1.アカウントを作成

アカウントの作成

アカウントの作成

2.「HARDWARE MODEL」から「RaspberryPi 2/B+」を選択

機種の選択

機種の選択

3.プロジェクトを作成を選択

プロジェクトの作成

プロジェクトの作成

スマホ側の設定はこれだけ

「RaspberryPi」の準備

こちらは、いくつか工程がありますが難しい事は無いのでさくっと設定してしまいましょう!

1.「wiringPi」の導入

$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi
$ cd wiringPi
$ ./build

ちなみに「wiringPi」の詳細はこちらです。

2.「Blynk」の導入

$ git clone https://github.com/blynkkk/blynk-library.git
$ cd blynk-library/linux
$ make clean all target=raspberry

3.「Blynk」の起動

$ sudo ./blynk --token=XXXXXXXXXXXXXXXX

「XXXXXXXXXXXXXXXX」のところに、先ほどメモした「token」を入れて実行してください。
ちゃんと起動すると、こんなコメントが帰ってきます。

スクリーンショット 2015-07-16 15.07.54

「LED」を点灯させよう

電子回路のHELLO WORLD!!を実現すべく「LEDの点灯」を行いたいと思います!

1.ボタンの配置

ボタンの設置

ボタンの設置

2.ボタンの設定
画面に配置したボタンに、RaspberryPiに接続したGPIOを設定します。
今回「GPIO24」を使用していますので、「Digital」の「gp24」を設定します。

ボタンの設定

ボタンの設定

3.プロジェクトの起動
プロジェクトを起動して、ボタンを押したら「LED」が点灯します!!

プロジェクトの起動

プロジェクトの起動

いちおう念のためですが、携帯通信を経由して点灯させています。。。

おわりに

くどいようですが、IOTを実装するのは大変です。とくにトラブル対処となると原因となる要素がありすぎてそう簡単に解決できないことが多いのが現状です。

しかし、今回紹介した「Blynk」はそんな難しい部分を取っ払って、電子回路さえできれば誰でも簡単に実装できる革命的なサービスだと思います。今回「ボタン」だけしか紹介していませんが、他にも「スライダー」や「値の表示」などといった電子工作のIN、OUTで必要なパーツは揃っており、この辺が使いこなせればかなりのことが出来るかと思います。
詳細は、本家サイトを見て妄想を膨らましてください。

Blynkのサービス紹介

ただ、、、まだ新しすぎて、この記事を書いてる段階ではドキュメントすらありません(笑)
おそらく近日中に出てくると思いますので、公開されたら「Blynk」を使った記事を書き続けていきたいと思います。

 
 
といことで、、、
8/21(土)、22(日)に「超入門!スマホで動かす電子工作。ゼロから学ぶ未来の家電作り」を開催しております。ぜひご検討を!!
Raspberry_school05016_05

 
執筆者のご紹介
石丸 紀人 石丸 紀人
メイカーズファクトリー 代表取締役

みんなから「まる」と呼ばれています。気軽にニックネームで読んでくださいな。
運送、引っ越し、音響施工会社、インターネットのコンテンツプロバイダー等を経て、2013年株式会社メイカーズファクトリーを設立。メイカーズの情報サイト「Makers Love(メイカーズラブ)」を運営。
メインはシステムエンジニアだが、モノ作りが得意な侍として活躍中。
アフリカンパーカッション「ジャンベ」奏者でもある。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ