円柱の使い方:Fusion360

Fusion360の円柱

「円柱」は、Fusion360で円柱を生成するコマンドです。

まず、Fusion360の「作成」メニューから、「円柱」コマンドを選択し円柱を配置する平面を選択します。

入力パネルでは、「直径」と「高さ」を指定して、円柱の大きさと高さを決めます。

Fusion360の円柱コマンド

<円柱の入力項目>

配置:円柱を配置する場所を指定
直径:円柱の直径を指定
高さ:円柱の高さを指定
操作:ブーリアン演算での属性を指定

 

Fsuion360の円柱コマンドでコップを作ってみよう

 

Fusion360の円柱で作ったコップFusion360の「円柱」コマンドを使って、こんなガラスのコップを作ってみます。

まず、先ほどの円柱に穴を開けてみます。

配置する場所を、円柱の上面に指定します。操作を「切り取り」にすることで、穴を開けることができます。

円柱の上面に配置。操作を「切り取り」にして穴を空ける

円柱の上面に配置。操作を「切り取り」にして穴を空ける

 

次に、取ってを作ります。

「円柱」コマンドで、「円柱」をコップの側面に配置します。
そして、「切り取り」操作を使って、円柱に穴を開けます。

円柱の側面を作業面にする

円柱の側面を作業面にする

コップの側面に円柱を作る

コップの側面に円柱を作る

ポイントは、コップ本体を非表示にすることです。

そうしないと本体にも穴が開いてしまします。

 

コップを表示したままだと、本体にも穴が空く

コップを表示したままだと、本体にも穴が空く

コップを消してから、切り抜きをすれば、こういう状態に

コップを消してから、切り抜きをすれば、こういう状態に

 

基本的なコップの形ができた

基本的なコップの形ができた

 

次に、コップっぽい段差をつけます。

 

上面に大きめの円柱を配置して、「切り取り」で穴を空けます。

上面に円柱を配置して、穴をあけると段差になる

上面に円柱を配置して、穴をあけると段差になる

「修正」の「フィレット」をつけると、よりコップっぽくなります。

「修正」の「フィレット」をつけると、よりコップっぽくなります。

 

最後に、質感をつけてよりコップぽく

コップができたら、レンダリングモードでガラスを適用すると、よりガラスのコップっぽくなりました。

Fusion360の円柱で作ったコップ

 

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。