球の使い方:Fusion360

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

Fusion360のball

「球」は、Fusion360で球体を生成するコマンドです。

まず、Fusion360の「作成」メニューから、「球」コマンドを選択し円柱を配置する平面を選択します。

入力パネルでは、「直径」を指定して球体の大きさを決める非常にシンプルなコマンドです。

Fusion360のball

球体が完成

 

<球の入力項目>

点:球を配置する場所を指定
直径:球の直径を指定
操作:ブーリアン演算での属性を指定

 

球を使ってFusion360で真珠のネックレスを作る

Fusion360で作ったネックレスFusion360の「球」コマンドを使って、こんな真珠のネックレスを作ってみます。

 

Fusion360のパターンで真珠玉を増やします

まず、先ほど作った球体に沿ったスプラインを描きます。

スプラインでパスを書く

スプラインでパスを書く

 

 

次に、ラインに沿って、球体を増やすため「作成>パターン」の「パス上のパターン」を選びます。

そして、「オブジェクト」で球体を選び、「パス」でスプラインを選びます。

Fusion360の作成のパターンから、パス上のパターンを選ぶ

Fusion360の作成のパターンから、パス上のパターンを選ぶ

球体をパスに沿ってふやしていく

球体をパスに沿ってふやしていく

パス上のパターンで、球体が並んだけど芯が無い状態

パス上のパターンで、球体が並んだけど芯が無い状態

ネックレスには芯が必要になるので、ラインに「作成>パイプ」で芯を作ります。

こんな感じで、あっという間にネックレスができました。

パイプコマンドで、ネックレスの芯を作る

パイプコマンドで、ネックレスの芯を作る

 

次にFusion360の機能で質感を適用してみます

パールっぽい質感にするため「作成>外観」で、メタルフレークを適用します。

あとはレンダリングするときに、被写界深度を適用して
適当なボケ足をつけると、より真珠のネックレスっぽくなりますね。

外観でメタルフレークを適用

Fusion360の外観でメタルフレークを適用

真珠のネックレス

リアルな真珠のネックレスがFusion360でできました

 
Fusion360で作った真珠のネックレス
この記事が気に入ったら、いいねしてね
このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ