HOME >>  アンケート結果 > 3DCAD入門のアンケート > 【受講者コメント】モノづくり好きな人の、初めての3DCAD入門講座 4/29・30

【受講者コメント】モノづくり好きな人の、初めての3DCAD入門講座 4/29・30

無料から使える3DCAD・Fusion360を使って
実際にモノを作れるスキルを学ぶ3DCADのスキル学ぶ、「モノづくりのための3DCAD」。

2017年4月29日と30日の開催分の、受講者コメントをご紹介します!

今回は、モノづくりの会社にいるけど3DCADは初めての方や、DIYの趣味で3DCADを使ってみたいなど
わりと実用に生かしたい方が多い回でした。

以下受講者の方のコメントです。

粘土をこねる様なスカルプモデリング

粘土をこねる様なスカルプモデリング

講座で作るサングラスの課題

講座で作るサングラスの課題

基礎からFusion360を勉強できる貴重な機会となり大変有意義なセミナーでした。
3DCAD初心者でも気軽に参加できる事と、分かり易く学べる丁寧なカリキュラム、且つ3Dプリンターで出力する際の注意点なと実践で使える情報が多くてとても良かったです。有難うございました。
(東京都・女性)
2日間にわたりご教授ありがとうございました。
解説本の発売もあり独学とも考えましたが、直接ご指導頂いたほうが時短と思い参加させていただきました。
初歩的なミスにも講師方々のご指導あって大きな失敗せずに済みました。まずは頂いた課題また復習に注力いたします。ありがとうございました。
(東京都・男性)
CADも3DCADも初めて触るソフトだったので、ついていくのがやっとでしたが、親切に教えていただき、多少使えるようになりました。有難うございました。
(静岡県・山本 和則さん)
稼働するヒンジを作る

稼働するヒンジを作る課題

圧入して部品を止めるための、寸法を設計します。

圧入して部品を止めるための、寸法を設計します。

参加してよかったです。部品の結合や干渉チェック、断面解析などをわかりやすく説明してくださいました。既存部品と組み合わせて作るという題材が、日頃扱う問題と合っていたのも良かった点です。
123D Designから移行したので、お作法の違いに戸惑いましたが、色々な面から解説していただいたおかげで、乗り換えできそうです。ありがとうございました。
(広島県・女性)
自分一人でやっていては気づかなかった「あっ、そうか!」や「えっ、こんな技が?!」がてんこ盛りで充実した講義でした。
遠方でしたが、思い切って受講してみて正解でした。奥が深くマスターできるのはいつになるやら・・・と少々くたびれ気味だったので、大変良い刺激をいただきました。
(熊本県・前田 努さん)
楽しく学ばせていただきました。
(広島県・田村 博さん)
少人数でゆったりとした雰囲気で進みます

少人数でゆったりとした雰囲気で進みます

持ち帰れる詳細なテキストがあるので、手順を見直しながら進めることができます。

持ち帰れる詳細なテキストがあるので、手順を見直しながら進めることができます。

全般的に大変楽しく受けれました。ただ、一つの操作に関して解らなかったりすると、それが操作の最初の方にあるとその演習自体全体が進まないという事が起きました。 それで先生にご迷惑をお掛けしたりしました。
演習の最初のデモをゆっくりお願いできれば、もっとスムースに行くかもしれません。可動ぶぶんについては、やはり難易度は高いです。
(福岡県・矢野 伸年さん)
普段は2Dのソフトを扱う仕事をしているので3Dは心配でしたが、わかりやすく教えてくれるのでやりやすかったです。
ソフトの基本機能と3Dの考え方はわかったので、継続的に趣味ででも設計から3Dをやっていかないと忘れそうなところが悩ましいですね。
普段から3Dに携わっている方は即活かせるかと思いました。
(神奈川県・男性)
 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ