HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360で本格アクセサリーを作る!バングル編

Fusion360で本格アクセサリーを作る!バングル編

Fusion360でアクセサリーを作る特集をスタートします!

本来3DCADは、工業製品の設計やデザインに使うものですが
Fusion360でどのぐらいの形状が作れるのか
チャレンジする意味合いもあります。

今回はこんな感じのバングルを作って見ました。

Fusion360で作るアクセサリー

Fusion360で作るアクセサリー

作り方自体は割とカタンです。

まず、バングルの元になるスケッチを書きます。
そしてシートメタルモードの「フランジ」で盛り上げバングルの原型を作ります。

大元のスケッチを書く

大元のスケッチを書く

フランジで押し出す

フランジで押し出す

ここからシートメタルの裏技にを使って、シートを平面に展開します。

その準備のために、モデルの先をちょっとだけ押し出して基準となる平面を作ります。

平面ができたら、修正の「展開」を選びます。

これで、バングルが平らになりました。

先端をちょっとだけ押し出す

先端をちょっとだけ押し出す

修正の展開を選択

修正の展開を選択

円が平面に展開される

円が平面に展開される

次に、イラストレーターでパターンを作り「DXF」に書き出します。

そして、にラインデータを読み込んで、押し出すだけです。

イラストレーターでパターンを作成

イラストレーターでパターンを作成

DXFを面に貼り付ける

DXFを面に貼り付ける

押し出しで切り取りを適用

押し出しで切り取りを適用

押し出しで切り取りができたら、「面を再度折り曲げ」を選ぶと

バングルの形状に戻ります。

曲げが再度適用される

曲げが再度適用される

最後にフィレットをつけて仕上がりです。

質感を設定して、レンダリングするとなかなか良い感じですね。

もっと色々なアクセサリーを作って、ロストワックスで鋳造までをやって見たいと思っています。

フィレットと質感を適用

フィレットと質感を適用

レンダリングを適用してみる

レンダリングを適用してみる

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス