Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > 3Dプリンターがペットを救う!?専用車いすのプリント

3Dプリンターがペットを救う!?専用車いすのプリント

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役
犬用の車いすを3Dプリンターで作った

出典:The Downtown Veterinarian

3Dプリンターの医療利用として今度はペットを救う事例のご紹介です。

人間用のギブスや義手などのケースに加え、今度は生まれつき前足の無いチワワのTurboRooの為に、オーダーメイドの3D車いすが作られました。

 

You Caringでチワワの車いすを作った

出典:You Caring

犬用の車いす

出典:You Caring

 

まず、寄付型クラウドファンディングサイトYou CaringでTurboRooのためのプロジェクトがスタート。(上の画像)
それに応えた3dnyのプロダクトデザイナーのMark Deadrick氏が、上記のような専用車いすを3DCADで設計(上の画像)。

車輪がついた専用車いすはTurboRooにちょど良く、元気に走れるようになったようです。
この車いすが出てくる前は、パイプを使った手作り器具だったので、とても大きな進歩だと思います。
3Dプリンターを巡っては、銃の製造など負の面も報道されていますが、こういう使い方が広まってくると良いですね♪

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ