HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 樹脂 > 個人向けなのに超パワーのCNCを体験してきた!

個人向けなのに超パワーのCNCを体験してきた!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

CNC(Computer Numerical control)メーカー「オリジナルマインド」

こんにちわ!メイカーズラブの佐々木です。

少し前ですが、日本でも珍しい個人向けのCNC(Computer Numerical control)メーカーの新商品発表会にお邪魔してきました。

最近はブームも手伝って3Dプリンターが圧倒的に有名ですが、、、
CNCは古くから使われ、3Dプリンターとは逆に素材を削って造形物を作る枯れた造形手法です。

仕組み上出来るカタチに若干制限はあるものの、
木材から金属まで様々な素材を造形出来るメイカーズ注目のマシンなのです!

 

オリジナルマインド開発部のイケメンエンジニア五味さん

今回は新商品のCNC「KitMill AST200」の話を

オリジナルマインド開発部のイケメンエンジニア
五味さんに聞いてみました。

オリジナルマインドの公式サイト「KitMill AST200」の紹介ページ
http://www.originalmind.co.jp/products/kitmill_ast

 

 

–メイカーズラブ 佐々木
CNCは僕も使ったことが無いのですが、3Dプリンターとは違ったアプローチで3Dデータを活用する方法なので、前から欲しいな~と思っていました。

でも、基本的に工業用の機械は高くて手が出ないな。。。。と思っていたんですが。

 

–オリジナルマインド五味さん

うちは日本でも珍しい個人向けのCNCメーカーなんですよね。
なので、安い機種なら10万円代前半のものもありますよ。

ちなみに、これが入門機です。

KitMill BT100 KitMill BT200

 

それから、この夏予定で発売するのが、

当社で最もハイエンドなCNC「KitMill AST200」です。

「KitMill AST200」約60万円と高いのですが、個人向けCNCとしては珍しく鋼材も削ることが出来ます!

新商品のCNC「KitMill AST200」

 

–メイカーズラブ 佐々木

ハイエンドということは、
かなり固いものでも削れるということでしょうか?(ドキドキ)

 

–オリジナルマインド五味さん

はいこんな感じで、固い金属の鋼材でもサクサク削れます。

さらに、加工面積が広くて、ストロークはX軸:215mm × Y軸:119mm × Z軸:103mmと
かなり大きなモノでも削りだせるようになっています。

 

 

KitMill AST200のパワー

 

–メイカーズラブ 佐々木

確かに何か製品を作ろうとすると、樹脂と金属の組み合わせにはなるので
金属加工が出来ると良いですよね。

入門機だと、個人でも買えそうですが今回の新商品がやはりきになります。

すごーい固い金属って、もう少し具体的にどんなモノなんですかね??

 

–オリジナルマインド五味さん

そうですねー 具体的にはSS400、S45C、SECCですかね。

 

–メイカーズラブ 佐々木

????
それは何者ですか??

 

–オリジナルマインド五味さん
もっと分かりやすく言うと、スチール缶の固まりを削れるぐらいのパワーがあります。
金属の強度でいうと軽金属であるアルミが1だとすると、スチールは3ぐらいですかね。

例えば、こんな写真のように、金属を球体に削ってブリリアンカットっぽくしたり、精密な歯車を削りだしたりできます。

SS400なんかはとても流通の多い鋼材で、色んな用途に広く使われていますよ。

鋼材を削れるCNC 歯車をCNCで削りだす

 

メイカーズラブ 佐々木

おっっと確かにこれは凄そう!!
ちなみに、個人向けのCNCというと、確かローランドさんが小さなCNC出してましたよね。

その辺との違いはなんですか?

 

–オリジナルマインド五味さん

ローランドさんのiModelaと比べるとパワーが違うので
加工出来る素材の幅広さと、加工面積が全然ちがいますね。

「KitMill AST200」はとにかくパワフルで、いままで削れなかったモノが
かなり加工出来るようになるとおもいますよ。

 

–メイカーズラブ 佐々木

ちなみに販売にあたっては、どんなユーザーを想定していますか。

 

–オリジナルマインド五味さん

そうですね~
個人向けCNCは、ロボットコンテストや模型作りなどで使われることが多いんですよね。
趣味のものづくりによく使っていただいています。

ただ、今後は個人メイカーズの方にも活用して頂きたいと思っています。

いまは3Dプリンターに注目が集まっていますが
製品作りに樹脂以外の素材も必要なので
CNCもメイカーズに広がっていくんじゃないかと期待しています。

 

–取材後の感想

CNCは個人では買うのが難しいと思っていましたが
今回個人向けのCNCのメーカーがあるのを初めて知りました。

プリンターと同じで、3DCADデータがあればいろんなカタチを作れるので
是非使ってみたいと思いました!

 

オリジナルマインドの公式サイト「KitMill AST200」の紹介ページ
http://www.originalmind.co.jp/products/kitmill_ast

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。