HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > あの最も使いやすい3Dプリンターが、大型でボックス型に進化したUP BOX(アップボックス)

あの最も使いやすい3Dプリンターが、大型でボックス型に進化したUP BOX(アップボックス)

UP BOX

9月18日に、中国3DプリンターメーカーのTiertime社より、デスクトップ3Dプリンターの新機種「UP BOX(アップボックス)」が発表されました。

Tiertime社は、低価格帯のプリンターとしては最新技術を次々に投入し、使いやすいと評判の3Dプリンター「UP Plus2(アッププラス2)」や「UP Mini(アップミニ)」で実績のあるメーカーです。

特に2013年8月に販売された「UP Plus2」は、アメリカの雑誌「MAKE」で最も使いやすいパーソナル3Dプリンターに選ばれています。

UP Plus2(アッププラス2)

UP Plus2(アッププラス2)

UP Plus2はMakeで最も使いやすい3Dプリンターに選ばれた

 

その最新シリーズとなる「UP BOX(アップボックス)」の特徴は、255 x 205 x 205mmと低価格の3Dプリンターとしては、かなり大きな積層面積です。

そして、最大解像度が0.1mmと、0.15mmだった 「UP Plus2(アッププラス2)」よりも性能がアップしています。
積層スピードも「UP Plus2」に比べて30%アップされていますね。

 

ちなみに、3Dプリンターに詳しい方は

0.1って普通じゃない?
って感じると思いますが、3Dプリンターの積層品質は解像度だけでは比べずらいのです。

「UP Plus2」は0.15mmの解像度ですが、低価格プリンターの中ではかなり奇麗な積層が出来るプリンターです。自分たちでも試作品作りに実際に使っていますよ。

そして、UPシリーズの使いやすさのキモとも言える、プリンドベットの平行やZ軸のノズルの高さを自動的に調整できるオートキャリブレーション機能も搭載。

 

あと大きいのは、筐体がボックス型になったことですね。

これにより、プリント品質を左右する温度の管理が用意になるのに加え、プリント中の有毒ガスを最小限にする濾過システムも搭載されています。

UP BOXの構造

ボックスの中は光パルスLED照明により、積層中の様子もしっかり確認することができます。

あとはUPシリーズの特徴として、使いやすいソフトウエアや、歪みのない積層を可能にする専用フィラメントなどももちろん継承。

ちなみに、UPシリーズのソフトはスライサーとドライバーの一体型で、日本語化もされている優れものです。
UPシリーズのソフトウエア

 

パーソナル3Dプリンター業界では珍しい1年間の保障付きです。

販売予定価格は1899ドル。
2014年11月にはアメリカや世界中の販売パートナー、さらにアマゾンなどでも購入する事が出来るようになるみたいですね。

 

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ