HOME >>  3Dプリンター > 3Dデータがお金になる?! 日本版Shapeways「リンカク」のβ版がスタート

3Dデータがお金になる?! 日本版Shapeways「リンカク」のβ版がスタート

リンカクβ版スタート

3Dデータがお金になる?! 日本版Shapeways「rinkak」β版がスタート

6月19日、3Dプリンターを使ったモノ作りマーケットの「rinkak」が、クローズドβ版向けの事前登録を開始したそうです。

リリースの内容をみると、「rinkak」のサービスは3Dプリンターを持っていないけど、3Dデータを作れる人向けのサービスですね。

ユーザーは3Dデータを持っていれば、製品の製造と販売を「rinkak」がサーポートしてくれるとのこと。
これってかいつまんで言うと、Shapewaysの日本語版ってことですよね。

Shapewaysは、海外では有名な3Dプリンタービジネスの成功例です。

▼過去のShapewaysの関する記事
3Dプリントも出来て、マーケットにもなる「Shapeways」。
ホビーから脱却できるか? Shapewaysの3000万ドル追加投資について

 

楽天的なECモールと、3Dプリンターによる出力サービスを合わせた機能があります。

3Dデータを持っているユーザーは、Shapewaysに出店することで、製品を販売することが出来ます。商品が売れた3Dプリンターでの出力と発送はShapeways側が行います。

 

▼いろんなクリエイターが3Dデータを出品。ユーザーここから商品を買います

shapewaysの画面
shapeways の画面2
 

ゲーム大国でCGデザイナーの多い日本向きのビジネスだと思ってましたが、日本版ともいえる「rinkak」のスタートには期待できますね~

日本の3DCGのマーケットを考えると、フィギュア系が多くなって、海外とはちょっと違った形になるような気もしますー

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座