Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > MAKERSのプラットフォーム「zenmono」が近日スタート!

MAKERSのプラットフォーム「zenmono」が近日スタート!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

マイクロものづくり zenmono

日本版ものづくりプラットフォームとして「zenmonoゼンモノ)」が近々スタートするようです。

海外ではキックスターターのようなクラウドファンディングでの資金調達が珍しくなくなっています。massolutionが発表した「2013年のクラウドファンディング産業レポート」によると、2012年の市場規模は27億ドル(約2,700億円)です。

クラウドファンディング市場規模

 

しかし、日本はまだまだ規模が小さく、2012年度の日本の主要クラウドファンディングの累計が3億2000万円だそうです。。。

そんななか、マイクロものづくりを支援する株式会社enmonoより、メイカーズを支援するためのプラットフォーム「zenmono(ゼンモノ)」が近々スタートします。

 

zenmono(ゼンモノ)」のコンセプトはクラウドファンディング型のサービスとしてはユニークです。

まず、クラウドファンディングで資金を集めをスタート。さらに、公表されているコンセプト図をみると、「デザイナー」「工場」「販売店」などの必要な支援もプロジェクトを進めながら集める構想のようです。

zemonoのコンセプト

このへんは、マイクロものづくりのコンサルティング会社ならではのプロフェッショナルな動きが期待出来きそうですね。

いまのところ、β版への事前登録ができる状態なので、さっそく登録してみました。
詳細については、リリースされたらまたレポートしたいと思います。

前に、アメリカで30億円の投資をうけている「Shapeways」や、イギリスでスタートする「Miproto」を紹介しました。日本でもMAKERS支援タイプのビジネスが色々出てきそうですね。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。