HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360でタイヤのトレッドパターンを作る方法

Fusion360でタイヤのトレッドパターンを作る方法

Fusion360でドレッドパターンを作る

Fusion360でトレッドパターンを作る

Fusion360のユーザーさんから「タイヤのトレッドパターンはどうやって作るの?」と
聞かれることがタビタビあります。

トレッドパターンの作り方は、特別難しい方法を取っている訳ではなく
基本コマンドの組み合わせです。

作り方自体は結構簡単なので、作成プロセスを順を追ってご紹介します。

今回は、このプレーンなタイヤに対して
トレッドパターンを作って行きます。

タイヤを用意する

プレーンなタイヤを用意する

 

まずは、タイヤの断面をスケッチとして活用するために
「プロジェクト>交差」を適用します。

スケッチができたら、オフセットで上下に広げておきます。
ちなみに、上下に広げる理由はこの後わかります。

 

プロジェクトの交差を適用する

プロジェクトの交差を適用する

オフセットで上下に広げる

オフセットで上下に広げる

次にトレッドパターンをスケッチで書きます。(かなり適当に描いています)
描く場所はどこでもオーケーです。

あとは、描いたパターンを押し出しで立体化して、トレッドパターンの元を作ります。

そして、パターンの元を、先ほどプロジェクトで作ったスケッチの近くに移動します。

ドレッドパターンを描く

トレッドパターンを描く

押し出しでパターンの元を作る

押し出しでパターンの元を作る

スケッチの近くにパターンを移動する

スケッチの近くにパターンを移動する

これで下準備が整いました。

パターンの元をどうやってタイヤに沿わせるかがポイントです。

使用するコマンドは、基本コマンドの「回転」です。

先ほどオフセットで作ったスケッチを「回転」させますが、操作のオプションを「交差」にすると
トレッドパターンの元が削り取られて、タイヤに沿った形状になります。

回転の交差を適用する

回転の交差を適用する

ドレッドパターンが1セットできる

トレッドパターンが1セットできる

あとは、作成>パターン>円形状パターンで増やして、ミラーで反転させれば
トレッドパターンの出来上がりです。

 

円形状パターンで増やす

円形状パターンで増やす

ミラーリングする

ミラーリングする

最後にタイヤとパターンを「結合」させて、完成ですが

ここで、冒頭の部分でオフセットを上下に適用した意味が出てきます。

オフセットが上だけだと、タイヤの面とパターンが接した状態なせいか
結合が失敗することがあります。

そこで、下にもオフセットすることで、タイヤにパターンを食い込ませて合体します。

こういうケースはよくあるので、モデリングのちょっとしたコツです♪

タイヤとパターンを合体させる

タイヤとパターンを合体させる

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。