HOME >>  電子工作 > Raspberry Pi(ラズベリーパイ) > Raspberry Piで環境センサーを学ぶ!「ラズパイセンサーボード」が登場

Raspberry Piで環境センサーを学ぶ!「ラズパイセンサーボード」が登場

ラズパイセンサーボード

ビットレートワンより、ラズパイ学習向け「ラズパイ入門ボード」の第2弾として、「ラズパイセンサーボード」が登場しました。

IoTの取り組みでは、様々なセンサーを用いて、周辺環境を把握する物が多いです。
この「ラズパイセンサーボード」では、Raspberry Piと様々なセンサーを使って学習することが出来ます。

ラズパイセンサーボードの詳細はこちらへ

 

搭載されているセンサーは、湿温度・気圧センサー、ガスセンサー、明るさセンサーなど3種類の環境センサーです。

またアンモニア、水素、アルコール、CO、メタンなど有機揮発性気体を測定可能なガスセンサー用に、高精度デルタシグマA/Dコンバータを実装しています。

さらに、拡張コネクタとしてアナログセンサー用と、ラズパイへのI2C接続用に二つのGroveコネクタを搭載しています。

ラズパイセンサーボード

そして、本製品と連動するシェルスクリプトマガジンでは、Vol.57より特集「オリジナルボードですぐに試せる ラズパイでセンサーを扱う」にて随時、本ボードを利用した電子部品の制御方法について特集が掲載される予定だそうです。

ラズパイセンサーボードの詳細はこちらへ

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス