HOME >>  IOT > ラズパイで制御!40Kgを運べる4輪ロボットが発売

ラズパイで制御!40Kgを運べる4輪ロボットが発売

ラズパイ制御のロボット

ヴイストンより販売が開始された「4WDSローバーVer2.0」は、4輪の独立駆動輪を備え、それぞれの車輪をステアリングで方向転換させることにより、全方位へのスムーズな動作を実現する移動台車ロボットです。

4WDSローバーVer2.0の詳細はこちらへ

可搬重量は約40kgで、最高速度は1.6m/s。自動運転など、様々な用途の研究や開発用のベースロボットとして使用することができます。

「4WDSローバーVer2.0」は、Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classicの無線通信規格と、USBシリアル通信に対応しており、PCやタブレット、Raspberry Piなどから制御できます。また、ROSを使った制御に対応しております。

制御ボードには、Arduino互換ボード「VS-WRC021」を搭載しており、Arduino IDEを用いてプログラムすることで動作させることも可能です。

「4WDSローバーVer2.0」の価格は、140万円(税抜き)です。2輪タイプでより安価な「メガローバーVer2.0」は35万円(税抜き)です。

4WDSローバーVer2.0の詳細はこちらへ

独立駆動輪による正確な全方位移動と、高い可搬能力

ヴイストン株式会社 4WDSローバーVer2.04輪の独立駆動輪により、前進・後退・旋回だけでなく、左右方向や斜め方向への平行移動が可能です。

オムニホイールやメカナムホイールなど、他の全方位移動機構と比較し、すべりなどの位置ずれが生じにくい点が特徴で、 各車輪にサスペンション機構を備え、常に4つの駆動輪が地面に接地するため、高い直進性を実現できます。

 

 

 

専用の無線ゲームパッドで簡単操作

専用の無線ゲームパッドで簡単操作本製品に付属するゲームパッド型無線コントローラ「VS-C3」を使えば、PC等を接続しなくても、4WDSローバーVer2.0を無線操縦することができます。

手動操縦で動作させる際や動作確認等にお使いいただけます。

 

無線/有線接続、Raspberry Piで制御

無線/有線接続で制御4WDSローバーVer2.0 は、Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classic の 3種の無線通信と、有線の USBシリアル通信に対応しています。

また、Raspberry Pi の GPIO ソケットと互換のコネクタが搭載されているため、ロボット本体にRaspberry Piを簡単に搭載することができ、制御にも使用することができます。

 

ROSメッセージ通信でコントロール

ROSメッセージ通信でコントロール4WDSローバーVer2.0 は、ROS メッセージ通信に対応しています。
ROS が動作するデバイスとWi-Fi または USBケーブルで接続することで、ROSを使った制御が可能となります。

ROSメッセージ通信を使うことで、速度や旋回量の指令値を、わずか数行のコードで4WDSローバーVer2.0に送信することができ、ROSロボットとして幅広い活用が可能です。

 

Arduino IDEでプログラム可能

4WDSローバーVer2.0の制御ボードである「VS-WRC021」には、Arduino互換のマイコン「ESP-WROOM-32」が搭載されています。

その為、Arduino IDE を用いて4WDSローバーVer2.0の制御プログラムを作成することができます。

 

 

4WDSローバーVer2.0の詳細はこちらへ

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座