HOME >>  電子工作 > Raspberry Pi(ラズベリーパイ) > SDカードが不要になったRaspberry Piの最新モデルが国内でも販売開始

SDカードが不要になったRaspberry Piの最新モデルが国内でも販売開始

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)の国内総代理店である アールエスコンポーネンツから最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」の販売が開始されました。

基本性能の向上に加え、製品開発で問題となっていたSDカードや電源周りが改善されたのが大きいですね。

教育用だったRaspberry Piが、IOTの業務用機器の開発でも本格的に使われ出す契機となりそうです。

 Raspberry Pi 3 Model B+の詳細はこちらへ

 

Raspberry Pi 3 B+

電源ケーブルやSDカードを削減した運用が可能に

「Raspberry Pi 3 Model B+」は、ラズパイシリーズの普及モデルRaspberry Pi 3 Model Bの後継です。
基本性能の向上に加え、SDカードが不要なネットワークブートや、イーサネットケーブルで電源供給できるPoE(Power over Ethernet)に対応しています。

プロセッサは、放熱性能が改善されたBroadcom製BCM2837B0を搭載し、CPUクロックは、1.4GHzで旧モデルより10%以上アップしています。

CPUは、64-bit ARM v8 命令セット対応ARM Cortex-A53プロセッサコアクラスタ実装のクアッドコアプロセッサです。
また、LPDDR2 SDRAM メモリ1GB、および、Cypress Semiconductor製の最新の無線チップを搭載し、有線LAN通信速度は最大300Mbpsに強化されています。

また、低消費電力通信モードBLE (Bluetooth Low Energy) のBluetooth 4.2が利用できるようになりました。

従来通りの基板のフォームファクタ(85 x 56mm)に、40ピンのGPIO (General Purpose Input Output) 、4つのUSB2.0ポート、HDMI、MIPI DSI、CSI ディスプレイ、カメラポート、ステレオ出力、ビデオポートを実装し、既存の周辺機器やケースを利用できます。

 

Raspberry Piは、元々は教育用途向けに普及してきましたが、結構実製品に使うケースも出てきています。

ただし、Raspberry Piを本格的な製品に使おうとすると、SDカードでの起動が不安定だったり
コンセントがないと使えないなど、電源の供給などに問題がありましたが「Raspberry Pi 3 Model B+」では、その辺が便利になりますね。
 Raspberry Pi 3 Model B+ は、アールエスコンポーネンツのサイトで購入することができます。
業務用150個パックなどもあるので、販売方法も量産品の開発になっています。

 Raspberry Pi 3 Model B+の詳細はこちらへ

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座