HOME >>  IOT > 【国内出荷開始】通信機能が強化された「Raspberry Pi 3 Model B+」

【国内出荷開始】通信機能が強化された「Raspberry Pi 3 Model B+」

Raspberry Pi3 Model B+

3月に発表されたRaspberry Pi 3 の最新モデル、「Raspberry Pi 3 Model B+」の国内出荷が、TechShare株式会社より5月1日付で開始されました。

「Raspberry Pi 3 Model B+」は、Raspberry Pi 3 Model Bの最新版で、CPUの動作クロックの向上、ワイヤレス通信機能の強化、Ethernetの高速化、PoEサポートなど主に通信機能などを中心に強化された最新版のRaspberry Piボードです。

2018年3月14日付でRaspberry Pi財団のリリース発表後、イギリスやヨーロッパでは販売が直ぐに開始されたものの、日本向けには、無線機能などの日本の技術適合の取得がなかったため、これまで日本国内向けの出荷ができなかった製品です。

日本の技術適合取得が完了した日本出荷可能なelement14版のRaspberry Pi 3 Model B+が入荷し、5月1日付で国内販売及び国内出荷が開始されました。

Raspberry Pi3 Model B+

 

Raspberry Pi 3 Model B+の主な改良点

Raspberry Pi3からの主な改良点は、下記の通りです。

  • CPUの動作クロックの向上
    •  BCM2837からBCM2837B0にアップグレード
    •  CPU動作クロック:1.2GHz–>1.4GHz
    •  GPUは変更なし。
  • ワイヤレス通信機能の強化
    •  BCM43438からBCM43455への変更
    •  Wifiのデュアルバンド化(IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)からIEEE 802.11b/g/n/ac(2.4GHz,5GHz))
    •  Bluetooth 4.1/BLEから4.2/BLE
  • Ethernetの高速化
    •  LAN9514からLAN7515への変更
    •  100Mbpsから300Mbps(チップ自体はGigabit Ethernet対応だが、USB2.0経由のため)
  • PoEサポート
    •  PoE HATとの組み合わせで、PoEサポートするLANからの電源供給が可能。
    •  PoEは48V給電に対応。
  • PXEネットワークブートとUSBマスストレージブートの標準装備
    •  USBで接続したストレージからの起動がデフォルトで可能に。
  • 熱管理機能の強化
    •  CPUの温度が70℃以上になると動作クロックを1.2GHzにダウン制御。

Raspberry Pi3 Model B+の改良点

初回入荷分のRaspberry Pi 3 Model B+のボード単体の国内販売価格は¥4,980-(税抜)です。

販売は、TechShare自社販売サイトの他、TechShareの販売店経由での販売を順次進めていく予定だそうです。

リリース:Raspberry Pi 3 Model B+国内出荷開始のお知らせ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座