HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > ハイプサイクルから未来予測!3Dプリンターはいつビジネスになる??

ハイプサイクルから未来予測!3Dプリンターはいつビジネスになる??

ハイプサイクル2014

ハイプサイクルをご存知ですか?
米国の調査会社ガートナーが毎年発表しているもので

どんな技術が?

いつ?

ビジネスになる?

というビジネスと技術に関する指標として、わりと使えるものです。

先日、2014年度版が発表されましたが
その中で低価格の3Dプリンターへの期待がそろそろピークを下ってきたのが分かりました。

ちなみに、縦軸の「期待度」に対して、横軸は「ビジネス」になる時間軸です。

期待のピーク(Peak of Inflated Expectations)にある技術は、ビジネスになるのに5から10年かかると予測されています。

つまり、

低価格の3Dプリンターが
ビジネスになるのに5年以上かかる分けです。

 

確かに自分で使っていても思いますが低価格3Dプリンターは、まだまだ扱いが難しく
造形物を手に入れるのにえらく手間がかかります。

【例えばiPhoneケースをプリントする場合】

オリジナルiPhoneケースが完成

  1. 3DCADでデータを作る
  2. 作ったデータをスライスソフトでGcodeに変換
  3. 実際にプリントしてみる
  4. プリンターちゃんと動かず1時間ぐらい調整する
  5. プリントしてみたが、うまくかず「2」のスライスに戻る
  6. ようやくプリントで、待つ事3時間
  7. 造形したけど、ちゃんとハマらず「1」のデータ作りに戻る

と、このようなサイクルを繰り返して、
よ〜やくiPhoneケースを手に出来るわけです

この状態の3Dプリンターが、来年ぐらいに劇的に変わるとは思えませんよね。。。
確かに、誰でも使えるプリンターが出来るだけであと数年はかかりそうです。

そこで、関係者の対応は

・5年も待つの・・・

・5年も準備できる!

に分かれると思います。

自分としては、来年は3Dプリンターも幻滅期に入ってくると思うので、

その間がライバルと差をつける最大のチャンスだと思っています!!

期待値の高い技術は、幻滅期に入ったときの落差は逆に大きいでしょう

2年後ぐらいには

「3Dプリンター? あ、あったねそんなの」

と言われている可能性は非常高いと思います。

しかし、自由に実物を成形できるこの技術は応用範囲がとても広く、
様々な産業やビジネスのチャンスがあり

個人的には、人類を大きく変えたインターネット級のモノだと思います。

つまり

幻滅期で諦めなかった人が
巨大な果実を掴む事が出来ると思いますよ〜

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス