HOME >>  3Dプリンター > 世界初のスマートクッションで、正しい姿勢を手に入れる!?

世界初のスマートクッションで、正しい姿勢を手に入れる!?

キックスターターでは主流になってきているIOT系(モノのインターネット)で、またユニークな製品が資金調達に成功しました。

Darmaは、 世界で最初のスマートクッションです。オフィスチェアのシート部分に設置することで、様々な行動データを取ることが可能になります。
すでに人気のプロジェクトになっており、目標額の5倍となる20万ドル(2160万円)を調達しています。

座っている時間を記録

しかし、クッションがスマートになると何が起こるのでしょう?

 

病気や寿命も、座る習慣が改善する?!

現代のワークスタイルは、座りっぱなしになることが多いですよね。
これは、肥満の確率を高め糖尿病や心筋梗塞などの病気の原因となります。
これらの病気の原因として運動不足は、アメリカでは2番目、世界でも4分の1を占めるそうです。

スマートクッショのDarmaは、このような座り過ぎによる健康問題の解決がコンセプト。
椅子に置くことで、座っている時間や姿勢、心電図や呼吸波形などバイタルサインも記録できます。取得したデータから、首や背中の状態を把握することが可能です。そこから、パーソナルガイダンスを作成したり、ストレッチの方法をレクチャーしてくれます。

座る姿勢の矯正だけでなく、健康やストレス状況を改善できるのがポイントです。

様々な記録は、スマートフォンやPCから閲覧することができます。

心電図や呼吸波形、ストレスや姿勢をチェックDarmaのバイタルサイン

体重のかけ方で姿勢を推定 ストレッチのアドバイス

IOT(モノのインターネット)が生活と企業のあり方を変える!

冒頭でも書きましたがキックスターターではIOT関係が盛り上がっています。
先進国ではだれもが持つようになったスマートフォンで、データを取ったり遠隔操作をするアプローチのモノが多いですね。

例えば、先日発表されあっという間に資金調達に成功したスマートスーツケース。
これは、旅行かばんをとスマートフォンがBluetoothで連携し、ケースを開けることができます。さらに、持ち主から一定の距離離れると自動で施錠するそうです。

スマートスーツケース

これだけ便利だと、IOT5年後には当たり前になり自分たちの生活は変わりそうです。
しかし、日本のメーカーからはこういう製品はなかなか出てきません。

このへんは、メーカーのIT部門にいた人間からすると、無理もないなと思えます。

 

国内のメーカーでは、ソフトウエアはおまけだった時代が長すぎたのかもしれません。
海外勢と競争するためには、ソフトやハードやマーケの垣根を超えた開発体制が必要ですね。

メイカーズ・ラブでは、国内でもこいういう仕組みづくりをやりたいと思っています!

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座