HOME >>  3Dプリンター > 自宅が工場に?!初めてのCNC+射出成形+3Dプリンターの一体型マシン

自宅が工場に?!初めてのCNC+射出成形+3Dプリンターの一体型マシン

TRiBOTは、3DプリンターとCNCと射出成形(インジェクション・モールド)の3イン1マシンです。キックスターターでもこの3つを一体化しているマシンは初めてだと思います。

そして、このマシンを使えば、3DプリンターやCNCによる試作から、射出成形による量産まで行えそうですね〜
小型の射出成形機はKickstaterに既に登場していますが、金属を削れるCNCがあれば、金型を作ることができます。

まず、3Dプリンターで試作しカタチを確認。量産はCNCで作った金型を使い射出成形するなんて流れは楽しそうですね。

TRIBOT

 

史上初の3イン1

 

3Dプリンターでフットボールを作る

3Dプリンターでフットボールアクセサリーを試作

CNCを使った金型加工でフットボールの型を作る

CNCを使った金型加工でフットボールの型を作る

格安の射出成形機(インジェクション・モールド)

射出成形機でフットボールのアクセサリーを量産する

TRIBOTで作ったアクセサリー

TRiBOTは3Dプリンターとして使える素材はPLAのみ、CNCでは木材や金属、射出成形ではPLA, ABS, Polypropylene, PVDF, PVC, Polyethylene or PFA materialsが使えるようです。

加工エリアは270×130×270とかなり大きめです。130ポンド(58kg)の台座をもち安定性も確保されています。
ソフトウェアはオープンソースのSlic3rやMashCAM、LinuxCNCなどを活用するそうです。
価格は4,995ドル(約54万円)からです。

 

CNCで削りだした金型

TRIBOTでのプリント

アイデアを量産品に出来る日が近づいてきた?

キックスターターのTRiBOTページをみると、アーティストやデザイナーやエンジニアがイメージを製品にする所までをサポートすることがコンセプトのようです。
古い車のパーツやカスタムギターの部品、スマートフォンのアクセサリーなどが作例として提示されています。

こういうオリジナルなモノが量産出来ると楽しいですよね〜

3Dプリンターを使っていて思うのが、量産には全く向いていないということです。iPhoneケースをプリントするだけで4時間ぐらいはかかってしまします。
売れるかもしれないから、試しに100個位作ってみるという試作と量産の中間が現在では難しい状況です。

金型を作る費用は数百万と高く、最低1000個以上は作らないとビジネスになりません。TRiBOTは作れる形にだいぶ制約はありそうですが、このようなコンセプトのマシンがキックスターターに出てくると、少量の量産化という道も開けてきそうだと思いました♪

CNCの

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス