HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター アクセサリー > 金属を印刷!ステンレスやマグネタイトの3Dフィラメントが登場

金属を印刷!ステンレスやマグネタイトの3Dフィラメントが登場

磁石にもなる3Dプリンター用フィラメント

熱溶解積層型(FDM)3Dプリンターでは、フィラメントの素材開発が盛んですよね〜
以前の記事でもご紹介しましたが、ゴムや銅やスポンジなど、多様なフィラメントが発売されています。

そして、アメリカのフィラメントメーカー「Proto-pasta」から、ステンレスとマグネットを使った素材が発表されました。

Proto-pastaは、カーボンPLAやポリカーボネートABSなど、ユニークなフィラメントを販売するメーカーです。
新商品として発表された、ステンレスPLAとマグネタイトPLAの2つの金属素材は、家庭用の3Dプリンターで造形することができます。

 

ステンレスの3Dプリンター用フェイラメント

ステンレスPLA 左:出力のまま 右:後加工済

 

ステンレスPLAは、造形直後はかなりザラザラした印象ですね。しかし、3Dプリンターで造形後に後加工することで光沢を出すことが可能です。(ワイヤーブラシで磨くなど)
↓こんな指輪も造形することができるようですね〜 アクセサリーの台座作りに使えるかも。

アクセサリーも作れる ステンレスの3Dプリンター用フィラメント

 

一方、マグネタイトPLAの方は、動画をみるとかなり強い磁力があるようですね。ブラシで磨く前に、2日間塩水につける必要があるみたいで、後加工がちょっと大変そう。。。

 

熱溶解積層型(FDM)3Dプリンターで金属がプリント出来ると、試作だけでなく実際の製品づくりにも使えますよね。
Proto-pastaの新商品は、2015年の早い段階で発売されるそうです。WEBサイトでは事前予約もスタートしています。
価格は、ステンレスPLAが13.50ドル、マグネタイトPLAが11.75ドルとなっています。

メーカーサイト
http://www.proto-pasta.com/

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス