HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > ボストン小児病院が外科の練習で3Dプリントモデルを活用!

ボストン小児病院が外科の練習で3Dプリントモデルを活用!

3Dプリンターで外科のトレーニング

出典:engadgetより

 

海外から興味深いニュースが、engadgetを見ていたら、3Dプリンターがボストン小児科病院で外科医の練習ツールとして使われているというニュースが!

3Dプリンターの医療利用はけっこう話題になりますよね。

ただし、東大が発表した人工骨や、オックスフォード大学が発表していた生体組織の造形、はたまた薬の3DプリントなどSFチックなものが多い印象です。

6e5f60edac5033cda06e3f46b28e44a6

東大HPより

出典:東大HPより

対して、ボストン小児科病院の始めた外科医の練習のための活用は、かなり実用的だなと思いました。

3Dプリンターはいろいろな素材が使えるので、骨などに加えて、皮膚や血や血管をシュミレーションすることが出来ます。

記事によると、16ミクロン(0.016mm)の解像度で高精度なモデルを作っているそうです。

↓赤ちゃんの頭蓋骨を再現して、トレーニングに使われています。

3Dプリンターで作った赤ちゃんの頭蓋骨

出典:engadgetより

 

先日発表されていたハイプサイクル2014年度版をみても
3Dプリンターへの期待値はそろそろ下がって来ていますが、やはり様々な分野に応用できますよね。

Internet of things(モノのインターネット)となどと合わせて考えると、いろいろなビジネスチャンスを感じます!

ハイプサイクル2014

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス