コイルの使い方:Fusion360

Fusion360のコイルコマンド

Fusion360のコイルコマンド

 

「コイル」はFusion360で、バネ的な形状を作成するコマンドです。

単純にバネを作るだけでなく、いろいろなカタチを作成することができます。

まずは、作成から「コイル」を選んで、描画する平面を決めます。

コイルを置く平面を決める

コイルを置く平面を決める

最初に直径を選ぶと、コイルが生成されます。

この基本的な形状を元に、入力パネルにいろいろな数字を入れると
様々な形状を作ることができます。

タイプでスパイラルを選択

タイプでスパイラルを選択

角度を20度に設定

角度を20度に設定

断面サイズを小さくすると、コイルが細くなる

断面サイズを小さくすると、コイルが細くなる

断面のカタチを四角に

断面のカタチを四角に

 

<コイルの入力項目>
プロファイル:コイルを置く平面
タイプ:回転タイプによって形状が変わる
回転:回転の向きを逆にできる
高さ:コイルの高さを指定
角度:コイルに角度をつけることができる
断面:四角や三角などのカタチを指定できる
断面サイズ:コイルの太さを指定
操作:ブーリアン演算を指定

 

 

Fusion360のコイルでフック付きのバネを作る

Fusion360でバネを作るFusion360の「コイル」を使って、両方にフックのあるバネを作ってみます。

バネの本体は、「コイル」をそのまま適用すれば出来ますが、問題は両方につくフックの部分です。
バネの曲線を壊さないように、Fusion360の機能を使い、綺麗に作る方法を検討してみました。

コイルでちょっと長めのバネ本体を作る

コイルでちょっと長めのバネ本体を作る

 

コイルを延長してフックを作る

以下は、ちょっと複雑な手順ですが、「構築」コマンドを組み合わせると思ったようなカタチができます。

円、球、トーラスの中心点で点を作る

円、球、トーラスの中心点で点を作る

 

最初に、バネの先端に「構築>円、球、トーラスの中心点」で、点をつくります。

 

点の位置で面に垂直な軸で「軸」を作る

点の位置で面に垂直な軸で「軸」を作る

こんな感じで軸が出来ました

こんな感じで軸が出来ました

 

次はこの点を使って、「構築>点の位置で面に垂直な軸」で、軸を作ります。

 

傾斜平面で軸に沿った平面を作る

傾斜平面で軸に沿った平面を作る

 

最後に、できた軸を使って、「構築>傾斜平面」で、軸に沿った作業面を作ります。

 

バネの先端から伸びるスケッチを描けた

バネの先端から伸びるスケッチを描けた

 

Fusion360には、こういう工程を一回で終えるものが今の所ないようです。
結果的にちょっと複雑な手順になりましたが、バネの先端から伸びるスケッチを描くことができました。

あとは、「スイープ」を使ってスケッチに沿ったモデルを生成します。
「作成>スイープ」で、プロファイルをバネの先端、パスは先ほど描いたものを使えば、フックの根元の部分ができます。

同じような手順でフック自体もつくれば、完成です。

スイープでフック本体を作る

スイープでフック本体を作る

フックは両方とも同じような形状なので、コピーできないかと思いましたが
うまくいかなかったので、2回同じ操作をして両方にフックを作りました。

Fusion360のレンダリング機能を使うとよりバネっぽく見えますね。

コイルでバネを作る

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ