HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > スイープの使い方:Fusion360

スイープの使い方:Fusion360

Fusion360のスイープ機能

Fusion360の「スイープ」は、任意のプロファイルから、パスに沿ったソリッドを作るための機能です。

こう書くとなんだか難しそうですが、線に沿って”にゅるっとした形”が作れる、Fusion360の中でも、なかなか便利なコマンドです。

まず、形状の元になる「星型のスケッチ」を描きます。

Fusion360のスケッチ機能で星を描く

Fusion360のスケッチ機能で星を描く

 

次に、この星を千歳飴的に伸ばしたいので、ぐるっとしたスケッチを描きます。

ぐるっとしたスケッチを描く

ぐるっとしたスケッチを描く

 

最後に、作成の「スイープ」コマンドを選んで、プロファイルで星、パスでぐるっとしたスケッチを選ぶと、星型にぐるっとした形ができました。

Fusion360のスイープ機能で千歳飴的な形ができた

Fusion360のスイープ機能で千歳飴的な形ができた

 

 

<Fusion360・スイープの入力項目>

タイプ
・単一パス:パス1つに沿わせる
・ パスとガイドレール:パスとガイドレールに沿わせる

プロファイル:形状の元になるスケッチやサーフェイス
チェーン選択:連続したスケッチを選択できる
距離:スイープを伸ばす距離を指定
方向
・直交:形状がパスに沿います
・平行:常に一定方向の形状になります

操作:ブリーリアン演算を指定します

 

Fusion360のスイープで、自転車のグリップを作る

Fusion360で自転車のグリップを作る

Fusion360の「スイープ」コマンドで自転車のグリップを作ってみます。

グリップは人間の手に沿うぼこぼこした形なので、難しい形状に感じますが
「ガイドラン」と「スイープ」を使うと簡単に作ることができます。

 

グリップの元になるスケッチをFusion360で描く

まず、「スイープ」の元になるスケッチを描きます。

ぼこぼこした部分が、「ガイドライン」として使うところです。

 

Fusion360のスイープのパスとガイドを描く

Fusion360のスイープのパスとガイドを描く

 

次にグリップの形状になる円形を描きます。
この時に、パスとガイドラインに平行な円形じゃないとダメです。

そこで、少し手順をふんで作業面をつくります。

まず、「構築<2つの点を通過する軸」で、パスとガイドを通る軸を作ります。

2つの点を通過する軸を作る

2つの点を通過する軸を作る

2点間を通る軸ができました

2点間を通る軸ができました

 

そして、「構築<傾斜平面」で平行な作業面ができました。

ここに、円形を描いて とりあえずスケッチは完了です。

2点間を通る作業面

2点間を通る作業面

作業面に円形を描く

作業面に円形を描く

 

グリップの元になる形状をFusion360のスイープで作る

まず、「作成<スイープ」で、円形をプロファイル、曲線をパス、でこぼこの線をガイドラインに指定します。

そうすると、グリップぽい形ができました。

スイープでグリップの原型が完成

スイープでグリップの原型が完成

 

ただ、グリップエンドが曲がっているので、「修正>ボディを分割」で分割します。

しかし、分割しただけだと、ぶつ切り状態です。

そこで、「作成>ロフト」でグリップエンドを作ります。

グリップの元になる形状が完成しました。

グリップエンドをボディの分割で平行にカット

グリップエンドをボディの分割で平行にカット

ロフトで形状を整える

ロフトで形状を整える

 

その他のパーツをつけて、Fusion360でグリップの完成

まず、グリップの軸になる部分を「作成>押し出し」で作成。
次に、グリップを固定するリングを、先ほど作った作業面と「作成<押し出し」を使って作成。

さらに、グリップの背面に握り部分をボディを分割して作ります。

グリップの軸を、押し出しで作ります

グリップの軸を、押し出しで作ります

グリップの留め金を押し出しで作る

グリップの留め金を押し出しで作る

グリップの握りをボディの分割で作る

グリップの握りをボディの分割で作る

そして、「修正>外観」でグリップ的な質感を適用していきます。

最後にレンダリングをすると、かなりグリップぽくなりましたー

Fusion360なら、こういう有機的な形状もけっこう簡単です。

Fusion360で自転車のグリップを作った

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ