HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【その2】超簡単!Fusion360のアセンブリ

【その2】超簡単!Fusion360のアセンブリ

3DCADのFusion360で、部品をくみ合わせて動かしてみる超簡単なアセンブリ。

前回は、何ができそうかをイメージするため
シンプルなパーツ2つを「ジョイント」を使って動かして見ました。

【その1】超簡単!Fusion360のアセンブリ

今回は、Fusion360の「ジョイント」を複数の部品に適用して、
クネクネ動かすところまでをやってみます。

Fusion360のアセンブリでクネクネ動かす<br />今回の目標です

Fusion360のアセンブリでクネクネ動かす
今回の目標です

 

Fusion360でクネクネ動かす、部品を作る

まず、前回のスケッチに少し書き足して、回転パーツを3つにします。

3つのパーツを使って、もう少し複雑なアセンブリを作るための準備です。

Fusion360のスケッチを書き足してパーツを3つにする

Fusion360のスケッチを書き足してパーツを3つにする

 

続いて、3つのパーツに「ジョイント」の「回転」を適用します。

しかし、どにも「固定」を適用していないので、パーツをつかんでも動かすことはできません。

3つのパーツにFusion360のジョイント「回転」を適用

3つのパーツにFusion360のジョイント「回転」を適用

 

 

部品の回転軸部品をFusion360で作る

3つの回転パーツを固定する部品を作ります。

最初に、回転パーツと少し離れたところにプレートを作り。続けて、スケッチを描いて回転軸を作成します。
※新しく作ったパーツも「コンポーネント」にするのを忘れずに

 

回転の軸となるスケッチを描く

回転の軸となるスケッチを描く

板の上面から、回転用の軸を作る

板の上面から、回転用の軸を作る

 

軸と回転パーツをFusion360で接触させる

回転軸にも「ジョイント」で「回転」を適用し、軸に「固定」を設定すると
パーツをつかんで動かすことができます。

しかし、これだけだとパーツ同士がぶつかっても検知することができません。

下の画像のように、パーツ同士が食い込んでうまく動きません。

アセンブリでパーツ同士の接触が検知されず、めり込む

アセンブリでパーツ同士の接触が検知されず、めり込む

 

ここで、登場するのが「接触セット」という概念です。Fusion360でもやや場所がわかりづらく、アセンブリでつまづきやすい部分でもまります。

アセンブリ>接触セット有効化を選ぶ

アセンブリ>接触セット有効化を選ぶ

ブラウザにできた接触セットを右クリックし「すべての接触を有効化する」を選ぶ

ブラウザにできた接触セットを右クリックし「すべての接触を有効化する」を選ぶ

 

まず、「アセンブリ>接触セットを有効化」を選択。
さらに、ブラウザにできた「接触セット」を右クリックして「すべての接触を有効化」にします。

こうすると、物理的にぶつかっているものは、すべて検知されます。

これで、アセンブリの設定が完了しました。

部品をつかんでクネクネ動かすことができます。

次回からは、アセンブリのもう少し細かい部分を紹介していきます。



Fusion360のアセンブリでクネクネ動かす今回の目標です

Fusion360のアセンブリでクネクネ動かすが完成

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ