HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360で扇風機のファンを3DCADデータで作る方法!

Fusion360で扇風機のファンを3DCADデータで作る方法!

Fusion360で作った扇風機のファン

Fusion360で作った扇風機のファン

 

3DCADのFusion360で、プロダクトデザイン的なものを作ってみる連載をスタートします。

第一回目は、扇風機です。

最初は、扇風機のメインとなるファンの部分を作ってみることにしました。

こういうプロペラや羽根のような形状は、設計では超専門分野ですが
Fusion360を使って、サクッと作ってみました。(なので空力的な性能は無視しています)

3次元でみて、扇風機の羽根的な形を作るには
Fusion360のパッチワークモードを使います

パッチワークモードは、3DCADを始めたばかりの方には、ピンとこないみたいですが
曲面を作りつつ寸法も入れられるとても便利なモードです。

 

 

まずは3Dスケッチで羽根の元を書いてみる

3Dスケッチで書いた羽根の元

3Dスケッチで書いた羽根の元

こんなような形で、羽根の元になる3Dスケッチを描きます。

 

まず、最初は羽根の根元を「三点指定の円弧」で書いて、40度ほど回転させます。

次に「オフセット平面」で、少し離れたところに作業面を作り
羽根の先っぽ部分を「三点指定の円弧」で作ります。

羽根の根元を「三点指定の円弧」で描く

羽根の根元を「三点指定の円弧」で描く

羽根の根元を40度回転させる

羽根の根元を40度回転させる

「オフセット平面」で少し離れた場所に羽根の先っぽを描く

「オフセット平面」で少し離れた場所に羽根の先っぽを描く

そして、羽根の根元と先っぽの端点を、スケッチのスプラインで結びます。

この時に使うのが3Dスケッチです。スケッチパレットの「3Dスケッチ」にチェックが入っているかを確認しましょう。

これが有効になっていると、端点をクリックするだけで、3D的なスケッチを描くことができます。

スプラインで両端をクリックしてむすぶ

スプラインで両端をクリックしてむすぶ

 

3Dスケッチの完成

3Dスケッチの完成

3Dスケッチをロフトと厚みで実体化させる

羽根の元になる、3Dスケッチができたので
これをパッチワークモードのロフトで造形します。

まず、ロフトのプロファイルとして、羽根の根元と先端を選びます。
次にレールとして、スプラインで書いた側面の曲線を選択します。

そうすると、プロペラっぽい形が出来上がりました

パッチの「ロフト」でスケッチを結ぶ

パッチの「ロフト」でスケッチを結ぶ

ただ、パッチワークで作った面には、厚みがありません。
そこで、作成の「厚み」で、4mmの厚みを作ります。

尖っている先端を「フィレット」で丸めて、羽根が完成しました。

羽根に「厚み」を適用する

羽根に「厚み」を適用する

「フィレット」で先端を丸める

「フィレット」で先端を丸める

 

扇風機のファンを仕上げる

作成した羽根の形状にたいして、中心となる部分を作ります。

さらに、パターンの「円形状パターン」で、羽根を6枚に増やして

扇風機のファンの形状を作りました。

 

羽根をまとめる軸を作る

羽根をまとめる軸を作る

パターンの「円形状パターン」で羽根を増やす

パターンの「円形状パターン」で羽根を増やす

扇風機のファンが完成

扇風機のファンが完成

扇風機のファンを上から見る

扇風機のファンを上から見る

扇風機のファンを横からみる

扇風機のファンを横からみる

 

扇風機のファンはけっこう簡単に作ることができました。

こういうプロペラ的な形状は、けっこうものづくりでは出てくるので
この作り方は、いろいろ使えそうですね♪

ちなみに、扇風機のファンを作るきっかけは、ものづくりCADの受講者の方から
「ファンってFusion360で作れるの?」という質問でした。

他にも、こんなモノが作れないかと思案している方は
メイカーズラブに問い合わせください!

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

<週末開催>
 ・日程:2017年:6月10日(土)1日集中コース or 7月1日&2日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

<平日開催>
 ・日程:2017年:6月20日-21日 & 27日-28日 4日の平日コース
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ