HOME >>  メーカーズニュース > UVプリンターとレーザーカッターを使って、カラフルな名刺入れを作る方法

UVプリンターとレーザーカッターを使って、カラフルな名刺入れを作る方法

UVプリンターとレーザーカッターで作った名刺入れ

UVプリンターでの着色

今回は、レーザーカッターを使って立体的な名刺入れを作ってみました。
さらに、「UVプリンター」を組み合わせると、このようにカラフルな製品に仕上げることができます。

このように、製品の完成度を一気に上げあられるのが「UVプリンター」です。

「UVプリンター」は、立体物にカラー印刷ができるプリンターで、最近は色々なファブ施設に導入されてきています。

UVプリンター LEF12

UVプリンター LEF12

そして、魅力あるデザインを実現するのが、「イラストレーターのデザイン機能」です。
イラストレーターを使いこなせば、カラフルなデザインやパターンなどを簡単に作ることができます。

UVプリンターで着色した名刺入れ

UVプリンターで着色した名刺入れ

 

さらに、作ったデザインをぴったりの位置にプリントするには、治具(ジグ)の作り方も重要です。

そこで、今回は、名刺入れを作りながら、特に「UVプリンター」を使ったものづくりのポイントを解説しようかと思います。

 

まず、名刺入れのデータをイラストレーターで作ります。

作り方自体は割とシンプルで、オーソドックスな箱組みに
側面を回転させることで、名刺立てとしても使えるようにしてあります。

名刺入れのカッティングデータ

名刺入れのカッティングデータ

 

後は、このデータをレーザーカッターで加工します。

このときに外枠を残しておき、UVプリントの位置あわせの道具「治具(ジグ)」として使います。

「UVプリンター」は印刷の位置合わせがかなり難しい機械です。
なので、「治具(ジグ)」があると、イメージしたデザインがぴったりと印刷されるので重要です。

カッティングするときに、外側の枠を治具として残す

レーザーカッティングするときに、外側の枠を治具として残す

 

カットした後は、イラストレーターのカラーパレットから適当な色を選んで、デザインをして行きます。

今回はシンプルなボーダー柄にしてロゴを入れてみました。

イラストレーターでデザインするときは、印刷のズレを考慮して
カッティングデータから少しはみ出すように作るのがポイントです。

イラストレーターでデザインデータを作る

イラストレーターで、少しはみ出し目にデザインデータを作る

 

後はUVプリンターでの着色です。

ここで、先ほど作った道具で、レーザーカットした部品を固定します。

プリント中に動かないように、両面テープなどで固定することが多いです。
UVプリントは結構早く、数分でプリントが完了。

外枠を治具として、UVプリンターに部品を固定する

外枠を治具として、UVプリンターに部品を固定する

数分でUVプリントが完了

数分でUVプリントが完了

後は、名刺入れを組み立てて完成です。

他にも色々なデザインのものを作ってみました。

印刷前のものと比べると、カラーデザインが加わることで
オシャレ度がかなり増していますよね♪

組み立てる

組み立てる

UVプリンターでオシャレな名刺入れが完成

UVプリンターでオシャレな名刺入れが完成

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

 
詳細はこちらへ