HOME >>  デザイン > 小ロット生産の支援サイト「WEEKEND MAKERS」が9月 スタート

小ロット生産の支援サイト「WEEKEND MAKERS」が9月 スタート

WEEKEND MAKERS

プロダクトデザイン会社のオレンジデザインは、小ロットのプロダクト生産を支援するサイトを9月よりスタートします。

いろいろな3Dデータの共有サービスが始まる中、どんな特徴があるのかな~と

リリースを読んでみました。

小ロット生産の支援サービス 3Dプリンター

 

WEEKEND MAKERS」では、大量生産は考えていないけど、3Dプリンターよりも高品質な製品を少量生産したい人向けのサービスがメインだそうです。

確かに、同じ物を3Dプリンターで数十個作るとかなり時間がかかるし、品質も研磨が必要だったり、既存の物よりも見劣りしてしてしまいます。

WEEKEND MAKERS」で提供されるサービスは、データ販売や購入、データの作成代行、製品の製造の3つです。

データの販売機能や、作成代行は既存のネットサービスでも見られますが、製品の製造系は珍しいですね。

ユーザーの要望に応じて、切削加工、射出成形、注型成形など、色々な方法が取れるそうです。

 

▼サービススタートは9月ですが、以下から先行登録ができます。
http://orangedesign.co.jp/wm

 

どんどん出てくる、3Dデータサービスって集客出来るのかな?

 

3Dプリンターが、家電量販でも売られるようになった今、次は3Dデータに焦点が当たると思います。

しかし、いまのところ出ているサービスはマーケティングに課題を抱えていると思います。

クリス・アンダーソンのMAKERSを読んでいて思いましたが、この分野で旨く言っている企業はコミュニティ指向の企業が多いと思います。

MAKERS的な製品が一般向けというよりは、非常に趣向性が強いものが多くなる傾向もあり、通常のマーケティングが難しいという事もあると思います。

黎明期のプリンターブームが終わり、本命となる3Dデータサービスが始まってきたいま、コミュティ形成に焦点が当たって来そうな予感がします。

 

新しいモノ作りでの成功企業は、クリスアンダーソンの「MAKERS」にいろいろ出ています。
意外にちゃんと読んでる人が少ないのですが、オススメです!

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ