HOME >>  3Dプリンター > 「arduino」始めました!!

「arduino」始めました!!

まるです。
梅雨が本気すぎてベトベトな毎日ですねー。

タイトル見て「アンドロイド」って読んだ方何人いますか?安心して下さい、僕もよく読み間違えますww。
arduino」は、イタリアの会社が始めたプロジェクトで「アルデゥイーノ」って読むそうです。イタリアンチックに「アルデゥイィィィぃヌォ」とか言うと、本物っぽかもしれません。
さて、これは何かといいます
「安価なプロトタイピング・システムを製造できるハードウェア」
なのです。

僕もプログラム(ソフト系)を学んでから「PCから家電とか操作できないか??」と思い焦がれていたのですが、なにぶん周りに電子系に強い人が周りに居なかったので野望すら忘れていました。

時はたち、今ではメイカーズのまっただ中にいると「家電とか作りたいなぁ」といった願望が再熱し、たまたま眺めてたメイカーズベースのサイト見ていたらなんと「こんな講座」を発見!!早速応募して受講してきました!!

■超簡単!!アルデゥイィィィぃヌォ

はじめの講座では、こんな感じの事を学んできました。

  • ソフトのインストール
  • 本家サイトから「Arduino IDE」をダウンロードする。

  • ハードウェアにプログラムの転送方法
  • 今回頂いたボードは「Leonardo」で、usb端子にてPCとこのボードを接続し、IDEから接続ボートとポートを選択するだけ。

  • プロトタイプに使う道具
  • 初めて知ったのですが、ブレットボードというモノがとても便利で、半田付け無くパーツを突き刺すだけ。

  • 赤色LEDを点灯させる
  • 基本的な動作のプログラムは標準で何種類もあり、その中選択する。そしてLEDライトと抵抗をブレッドボードに突き刺して実行するだけ。

なんとも簡単、、、オームの法則とか何年ぶりだろうこの響きww

■LEDランプで早速応用

ということで、プログラマーな僕は早速LEDライトで応用してみます。
個数を一気に6個に増やして、LEDの明るさをフェードイン、アウトして点滅させてみます。

おおお、、、なんだか凄いことになってきました!
こうやって赤いLEDを眺めてると、、、何かを思い出しますねぇ、、、

キット「はい、マイケル」

コレが分かる人は僕と同じ世代ですねw

そんなわけで、次回は点灯バリエーションを増やしてみますね。

つづく(はず)・・・・・

 
執筆者のご紹介
石丸 紀人 石丸 紀人
メイカーズファクトリー 代表取締役

みんなから「まる」と呼ばれています。気軽にニックネームで読んでくださいな。
運送、引っ越し、音響施工会社、インターネットのコンテンツプロバイダー等を経て、2013年株式会社メイカーズファクトリーを設立。メイカーズの情報サイト「Makers Love(メイカーズラブ)」を運営。
メインはシステムエンジニアだが、モノ作りが得意な侍として活躍中。
アフリカンパーカッション「ジャンベ」奏者でもある。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ