HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター フィギュア > フルカラー3Dプリンターの本命か!? UVプリントと3Dの組み合わせがミマキより登場!

フルカラー3Dプリンターの本命か!? UVプリントと3Dの組み合わせがミマキより登場!

3Dプリンターでフルカラー印刷というと、石膏タイプの物がメジャーです。

しかし、石膏は材質がもろく粉末を凝固させるので、表面もザラザラ。フィギュアのプリントにも使われれていますが、量産品よりは明らかに品質が劣るものでした。

フルカラー石膏 粉末を凝固するので表面がザラザラ

フルカラー石膏 粉末を凝固するので表面がザラザラ

 

しかし、立体物にフルカラー印刷できるUVプリンターで実績のあるミマキエンジニアリングから、新しいタイプの3Dプリンターが登場しました。

UVプリンターは、国内のメーカーで実績のある新しい印刷方式です。
以下の画像のように、インクジェット印刷の技術を応用し、吹き付けたインクをUV硬化することで凹凸のある物体への印刷を可能にします。

UV印刷の仕組み 出典:ミマキエンジニアリング公式サイト

UV印刷の仕組み 出典:ミマキエンジニアリング公式サイト

 

UVプリンターUVプリンターで印刷したモノ 出典:ミマキエンジニアリングHPで印刷したモノ

UVプリンターで印刷したモノ 出典:ミマキエンジニアリングHP

 

 

上記の例のようにカラーインクを吹き付けることで、立体物に印刷することが出来るプリンターです。
ミマキエンジニアリングが開発中の3Dプリンターは、3Dプリンターで積層したモノにUV硬化型の4色インクを吹き付ける方式のようです。

つまり、プラスチックを積層したものをフルカラーにするため、以下のように実際に製品近いモノを一回で作成することが可能となります!

ミマキ フルカラー3Dプリンター

開発中の試作機でフルカラー3Dプリントされたモノ

 

プリンターの販売自体は2016年秋を目処にしているとのことです。

加えて、この度いち早くこのプリンターの試作機による出力サービスが開始されます。

最大造型サイズは290×190×149mm。料金は3辺を合計した長さによって異なり、最小の30mmで1万8000円です。

UVプリンターは、立体物にプリントする方式として期待していたところなので、3Dプリンターとの組み合わせは楽しみですね♪
※本体の値段が未定なので、価格も気になるところです。

<3Dプリンタについて>
株式会社ミマキエンジニアリング
グローバルマーケティング部 所 康武
住所:長野県東御市滋野乙1628-1  TEL:0268-64-2281 / FAX:0268-80-0041

<出力サービスについて>
株式会社グラフィッククリエーション
白倉 厚
住所:長野県東御市滋野乙2182-3  TEL:0268-64-6500 / FAX:0268-64-6501

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス