HOME >>  メーカーズニュース > 形状記憶の3Dフィラメントが、不可能を可能に!

形状記憶の3Dフィラメントが、不可能を可能に!

形状記憶フィラメントSMP55

いままでにない3Dプリンター用のフィラメントが、意外にも日本から登場しました。

「SMP55」は、形状記憶ポリマーを使った3Dプリンター用のフィラメントです。

3Dプリントしたモデルを55度以上に加熱すると、ぐにゅぐにゅ形を変えられる驚きの特性を持っています。

そして、冷却すると固定されて、再度加熱するとまた形状を変えることが可能です。

SMP55で3Dプリントした造形物を、55度以上のぬるま湯につけます

SMP55で3Dプリントした造形物を、55度以上のぬるま湯につけます

 

SMP55の特性で、柔らかくなり形状を自由に変えられます

SMP55の特性で、柔らかくなり形状を自由に変えられます

 

55度以下になるとすぐに固まります

55度以下になるとすぐに固まります

 

SMP55を再び温めると

SMP55を再び温めると

 

SMP55の形状記憶で元の状態に戻ります

SMP55の形状記憶で元の状態に戻ります

 

「形状記憶で形を変えられると、何に使えるんだと??」と思う人もいると思いますが
これは不可能を可能にする技術だと思いました。

例えば、義手など人体にフィットするものを作るのは
3Dスキャナを使い、スキャンデータも修正が必要とけっこう大変です。

しかし、「SMP55」を使えば、一人一人に合わせたモデル作りが簡単になりそうです。
形状記憶で元に戻るので、汎用性も確保できます。

そして、「SMP55」は生体適合性素材です。 ギプスなど直接触れるものの造形にも適しているそうです。

義手など体にフィットするモデル

義手など体にフィットするモデル

筐体のサイズに合わせる

筐体のサイズに合わせる

 

それから「SMP55」はPLAと同じ条件で出力できます。ヒートベットもいらないので、いろいろな3Dプリンターで使えそうですね。

 

形状記憶3Dプリンター用フィラメント「SMP55」の開発は、プラスチック総合企業キョーラクです。

販売や詳細はフィラメント工房のサイトへ

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス