HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 樹脂 > 人形の顔を自分で作って3Dプリント出来る!国産WEBサービスが登場

人形の顔を自分で作って3Dプリント出来る!国産WEBサービスが登場

RML 3D FACEMAKER

ユーザーがオリジナルの3DデータをWEBで作って、3Dプリントするサービスを海外ではよく見かけますよね。
日本でも少しづつ出てきましたが、人形の顔を自分で作れる日本らしいWEBサービスが登場しました。

「RML 3D FACEMAKER」は、ドールメーカーのRMLが開発した、自分で人形の顔を作れるサービス。さらに、出来たデータは3Dプリントする事ができます。

→サービスサイトはこちらへ

ドールとは、フィギュアとは違い、人形の着せ替えやメイクを楽しむアイテムです。
大人版のリカちゃん人形的な感じですかね〜

RMLのドールは、元々カスタムメイドが特徴です。ベースとなるドールにメイクや衣装を使って、独自のスタイルを楽しめるようになっています。

▼カスタムメイドされたドール(出典:RML公式HP)

RMLのカスタムドール01 RMLのカスタムドール04 RMLのカスタムドール03 RMLのカスタムドール02

 

 

そして、「RML 3D FACEMAKER」を使えば、ドールの顔まで自分の理想どおり作ることが可能です。

設定項目がものすごく細かいので、かなり微妙な表情も再現することが出来きそうですね。

 

実際のどの程度シミュレーションできるのか?

という事で、分かりやすい例として、誰もが知ってる有名キャラのリンクを目指して作ってみました。
相当いろいろな顔パーツを動かせるので、だいぶ似た感じ?になったような。

ゼルダの伝説のリンク

ゼルダの伝説のリンク(出典:任天堂)

 

▼RML 3D FACEMAKERでリンク風の顔を作ってみた

doll05

※RML 3D FACEMAKERシステムを使うときは、プラグインの「unity web player」が必要ですが、何故かChromeでは動きませんでした。。。

 

ユーザーは、WEBアプリを操作して好みの顔を作った後に
画面したより発行されるコードを使って、3Dプリントの注文が行えます。

ドールは、ナイロン素材で3Dプリントされます。従来のレジンキャスト(樹脂鋳造)と比べると、複雑で難しい形状が作れるのがポイントのようです。

以下 出典:RML公式サイトより

3Dプリントされたドール

ナイロンプリントの場合の表面(ザラザラしている)

ナイロンの表面(ザラザラしている)

研磨してメイクした状態

研磨してメイクした状態

 

ナイロンなので、素材としてもかなり強靭だと思われます。しかし、表面処理が難しいので、そのへんは課題のようです。

 

以下追記:2015年5月29日

ちなみに、「3D FACEMAKER」で購入者した方には、研磨とメイクが完了した完成品のドールが届きます。

完成品のドール

完成品のドール(洋服はオプションです)

 

フィギュアなど、趣向性の高いものは3Dプリンターを使ったカスタムメイドに向いていますね〜

 

提供企業:RML 公式HPはこちらへ
サービス:RML 3D FACEMAKER サービスページへ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座