HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 リファレンス > イラレと3DCADで、超リアルな展示ブースを作る方法

イラレと3DCADで、超リアルな展示ブースを作る方法

Fusion360で作ったブースデザイン

商品を売るときに、展示会のブースをどう作るかは悩みものです。

イラストレーターで平面図を描くことから始めますが
実物のイメージはなかなか沸きづらいものです。

そこで、今回はイラストレーターの平面図をもとに
無料で使い始めらえる3DCADのFusion360を使って、3Dの展示ブースを作ってみます。

イラストレーターで作ったブースデザイン

イラストレーターで作ったブースデザイン

 

まずは、イラストレーターで平面図的なデザインを作ります。
今回は寸法が正確じゃないといけないので、このデータをDXFに書き出します。

※ちなみに、イラレで巨大なものを作るとキャンパスからはみ出すので、1/10で制作。DXFに書き出すときに10倍にします。

DXFをFusion360に貼り付けた

DXFをFusion360に貼り付けた

書き出したDXFをFusion360に読み込ませましょう。
挿入の「DXF」を挿入で貼り付けられます。
※読み込み時の単位をミリメートルにしましょう。

イラレのデータを元に3D化

イラレのデータを元に3D化

読み込んだラインはスケッチに変換されるので
これを元に「押し出し」で立体化させることができます。

かなり簡単に、展示ブースの基盤ができました!

実寸のiPhoneケースをディスプレイ

実寸のiPhoneケースをディスプレイ

実寸のペンを台に置く

実寸のペンを台に置く

この基盤に、PRしたい商品をのせたり
ショーケースを作ったりすると、かなりリアルになります。

ちなみに、Fusion360はレンダリング機能も手軽に使えます。
ここまで出来るとプレゼン効果が高まりますね!

デザインの検討は、やはりイラストレーターが向いていますが。
決定後の3D化で、Fusion360は絶大な効果を発揮してくれますよ。

Fusion360で3D化した展示ブース

iPhoneケースを台に置く

iPhoneケースを台に置く

ショーケースに商品を置く

ショーケースに商品を置く

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス