HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360無料セミナー > 第14回:Fusion360のパッチワークで曲面のあるマウスを作る

第14回:Fusion360のパッチワークで曲面のあるマウスを作る

Fusion360のパッチワークでマウスを作る

Fusion360メールセミナーの14回目は、
少し難しいサーフェイスモデリングを取り上げます。

面を使ったサーフェイスモデリングでは、
定番となるマウスを作るワークです。

https://makerslove.com/15903.html

以下から、「パッチモード」がいかに役立つかを
力説したいと思います!

サーフェイスモデラーで有名なのが
工業デザイナーでユーザーの多い「ライノセラス」です。

Fusion360の「パッチモード」でも、ライノセラスと同じようなモデルが作れます。

サーフェイスを使ったモデリングができると
曲面のあるデザインが簡単に作れるようになります。

さらに、業務で使っていて便利なのが、Fusion360が「ソリッドモデラー」なので
サーフェイスを簡単にソリッド化できることです。

前回も書きましたが、面のデータである「サーフェイス」は
3Dプリントや加工が出来ないので、
中身が詰まった「ソリッド」に変換することが必須なんです。

デザインの仕事をしていると、ほかのデザイナーが作ったデータを
直すこともあるのですが
もらったデータが「サーフェイス」だと、そこから「ソリッド」にするの大変です。。。

形状によっては、ソリッドにならないことも珍しくありません。

Fusion360の「パッチワークモード」を使いこなせば
曲面デザインのデータを作りつつ
ちゃんと加工に使える、ソリッドデータを簡単に作ることができますよ。

次回は、Fusion360のユニークな機能である
「スカルプト」を取り上げます。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。