HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360無料セミナー > 第13回:Fusion360パッチモードで、ダイヤモンド型の花瓶を作る

第13回:Fusion360パッチモードで、ダイヤモンド型の花瓶を作る

Fusion360のパッチワークモード

Fusion360のメールセミナーの13回目は、「サーフェイス」でのモデリングを取り上げます。

「サーフェイス」というのは、面を使ったモデリングです。
Fusion360では、モードの切り替えで「パッチ」にすると使うことが出来ます。

ちなみに、「サーフェイス」ってなんだ?
思った方は以下の10行を読んでください。(ウンチクなので知ってる人は飛ばしてください)

 

■ サーフェイスってなんだろう?

3DCADには大きく分けると、「ソリッド」と「サーフェイス」というモードがあります。

「ソリッド」というのは、中身が詰まっているモデルです。
対して、「サーフェイス」は表面しかなく中身がありません。

3DCADも、昔は「サーフェイス」を使ってモデリングしていました。
しかし、現在の3DCADは「ソリッド」でモデルを作ることが主流です。

さらに、3Dモデルは、「ソリッド」にしないと3Dプリントしたり
切削のための加工データとしては使えません。

なぜ加工に使えない「サーフェイス」が生き残ってるかというと

「曲面」のモデルを作るのが得意だからです。
そして、面で作ったモデルも縫い合わせれば、「ソリッド」に変換することが出来ます。

 

■「パッチモード」でサーフェイスモデルを作ろう

今回から何回かは、Fusion360で「サーフェイス」を作る
「パッチ」モードの練習をして行きます。

https://makerslove.com/15877.html

合わせて、パッチモードでは必須となる、「3Dスケッチ」も使って行きます。

3Dスケッチとパッチモードを合わせることで
ソリッドではすごく難しかった形状も、あっさり作ることが出来ます。

パッチモードの練習の初回は、入門編として
ダイヤモンド型の花瓶を作るワークをご紹介します。

https://makerslove.com/15877.html

次回は、パッチモードの続編として、
プロペラを使った曲面モデルの作り方をご紹介します。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。