HOME >>  3Dプリンター > 世界初のコンクリート3Dプリントによる兵舎の建設

世界初のコンクリート3Dプリントによる兵舎の建設

コンクリート3Dプリントでの兵舎

3Dプリンターでの建設は、色々なアプローチが試みられていますが
軍隊でも活用が進んでいます。

2018年8月、イリノイ州シャンペーンにある米陸軍技術者研究開発センターで、海兵隊、陸軍、海軍の共同プロジェクトとして、コンクリート3Dプリンターで500平方フィートの兵舎がプリントされました。
プリントにかかった時間は40時間あまりです。

プロジェクト担当官マシュー・フリーデル氏曰く「この訓練は以前に行われたことがなかった。これは世界で初めて現場での3Dコンクリートプリントです」。

「戦闘環境では、海兵隊員がハンマーを振り、合板を持ち上げることを望んでいません」とフリーデル氏は述べています。「オンデマンドで建物を作ることができるコンクリート製のプリンタを持つことは、海兵隊の大きなメリットになります」。

木造の兵舎を建設するには、通常、海兵隊員10人で5日間かかります。しかし、このプロジェクトによって、海兵隊は、コンクリート・プリンターと4人の海兵隊員が2日以内に強力な建造物を構築できることを証明しました。

コンクリート3Dプリンターでの建築

「自然災害で、海兵隊は食糧と水を提供するのには威力を発揮しますが、避難所を提供するのは難しい」とフリーデル氏は言います。
「多くの場所で、セメントは木材よりも入手しやすいものです。人道災害や災害救助の任務中、海兵隊員は破壊された家や学校などを、安全かつ迅速に印刷することができるでしょう。」

プロジェクトチームは、さらなるテストを計画しています。将来的にコンクリートプリンタの使用は、戦闘環境から人道援助、災害救援ミッションに至るまで、あらゆる軍事作戦に及ぶことになりそうです。

出展:海兵隊公式サイト

コンクリート3Dプリンターでの兵舎

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス