HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリントの積層痕をツルツルにする「Zortrax Apoller(アポラー)」が登場!

3Dプリントの積層痕をツルツルにする「Zortrax Apoller(アポラー)」が登場!

Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)

Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)

FDM方式の3Dプリントは、積層痕を消すのがかなり大変です。
現在は、パテを塗ったり、紙やすりで磨いたりと、結構な手間がかかります。

Zortrax が開発中のZortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)は、電子レンジのような見た目の機械です。
低下価格で大きなサイズを持ち、複数のアイテムを一度に滑らかにすることができます。

Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)

Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)でツルツルになった造形物

基本的には、アセトンと有機溶媒のMEK(メチルエチルケトン)を使うそうですが
高度な真空システムにより、職場で使っても安全性が保たれます。

独自のApoller Smart Vapor Smoothing(SVS)システムは気化した溶剤を保持して再利用することができ、
蒸気の濃度を安全なレベルまで低下させることができます。

アセトンは有害な物質ですが、Zortrax Apollerでは、処理室内に残った
有害物を回収室に吸い取ることで、安全性を保つ仕組みです。

Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)

Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)でツルツルになった造形物

ここで、気になるのは寸法精度ですね。

PPのボックスにアセトンを入れて、自然蒸発させる方法は以前試したことがありますが
造形物が綺麗になる反面、寸法は大きく変わってしまうのが難点でした。

しかし、Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)は、寸法精度と質感を損なうことなく、積層を消すことができるそうです。

似たような製品としては、フィラメントメーカーのPolymaker社が出しているPolysherがあります。
しかし、専用素材のみ対応、寸法精度が出ない、処理サイズが小さい、乾燥時間(数日かかる)などなど、色々問題がありました。

Zortrax Apollerは、その辺どうなんでしょうね?

Zortrax Apollerの処理室のサイズは、300x250x250mmなのでかなり大きな造形物もツルツルにできそうです。
Zortraxの純正フィラメント以外も対象にしているそうなので、なかなか楽しみな製品ではあります。

Zortrax Apoller(ゾートラックス・アポラー)は、11月13日よりフランクフルトで開催されるFormnext2018で展示されます。

出典:Zortrax の公式サイトより

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス