HOME >>  3DCAD > 誰でもリバースエンジニアリング!MITよりメッシュをCAD変換する新方式

誰でもリバースエンジニアリング!MITよりメッシュをCAD変換する新方式

メッシュからプリミティブなCADデータへの変換

MITの研究チームは、STLやOBJのようなメッシュ状態の3DデータをCAD形式に変換する研究を発表しました。

3Dデータを作成するときは、CAD形式で作るため履歴などの情報から形状を治すことは簡単です。

しかし、これが3Dプリント用のSTLなどの「メッシュデータ」に変換されると、履歴などの編集用の情報は失われてしまいます。
さらに、3角メッシュのデータになるので、形状を治すリバースエンジニアリングはとても難しくなります。

現在たくさんの3Dデータが、ネット上に公開されていますが、大半のデータはSTLやOBJなどの 修正がほぼできないタイプのデータで公開されています。

3Dスキャナ用などに、STLをCAD形式に変換するソフトが存在しますが、ソフト自体が非常に高価で、さらにかなりの修復技術が必要となります。

メッシュからプリミティブなCADデータへの変換

MITの研究チームが発表した方式は、メッシュをCAD形式に変換する時に単純ないくつかの形状に分割するというものです。

CADのデータ設計とは異なる考え方のデータにはなりますが、確かにこれならCADでの修正が簡単になります。

さらに、この研究ではパラメーター化されたCSGプログラムを返してくれるそうです。

CADのカーネルとうまくマッチすれば、メッシュデータをかなり簡単に編集できるようになりそうですね。

出典:InverseCSG: Automatic Conversion Of 3D Models To CSG Trees

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座