HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360チュートリアル スカルプト > Fusion360スカルプトの罠!モデルが真っ黒になる現象を回避する方法

Fusion360スカルプトの罠!モデルが真っ黒になる現象を回避する方法

Fusion360のスカルプトは、使えるようになると
流線型のデザインを自由自在に作ることができる便利なモードです。

メイカーズラブ でもスカルプトの講座を開催しており
こんな感じのオートバイを課題で作ったりしています。

スカルプト講座ではバイクをモデリング

スカルプト講座ではバイクをモデリング

しかし、昨日行なっていた講座中に、モデルが真っ黒になって

全然エッジ見えないという現象が起こりました。

最初は何がどうなっているか分かりませんでしが、どうも最近のバージョンアップで
スカルプトにもモデルの裏表が表現されるようになったようです。

モデルが真っ黒でエッジが見えない

モデルが真っ黒でエッジが見えない

スカルプトに裏表が。。

スカルプトに裏表が。。。

なんどもボディを結合したりしていると、面裏が頻繁入れ替わってしまい
エッジが見えなくてすごく不便です。

何か回避策はないかと探していたところ
表示設定の効果の中に、「アンビエント オクルージョン」という見慣れない設定を発見!

これを切ると、前のように表裏の色が同じになりました。

スカルプトでも、ダイナミックなモデリングでは裏表が入れ替わるケースが多いので
この設定は切っておいた方が良さそうですね。

「アンビエント オクルージョン」は、環境光を考慮する設定のようなので
どこか別のところに影響があるかもしれませんが。。

 

アンビエント オクルージョンのチェックを外す

アンビエント オクルージョンのチェックを外す

表裏がなくなり、エッジが見える

表裏がなくなり、エッジが見える

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。