HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】コーラ瓶の蓋をスカルプトで効率的に作る

【Fusion360】コーラ瓶の蓋をスカルプトで効率的に作る

今回はFusion360で、瓶の蓋を作ります。

スカルプト(フォーム)を使えば形自体は作れますが、ポイントになるのは蓋のヒラヒラの再現です。

こういう有機的かつ規則的な形を、効率的に作る方法を紹介します。

縦面に対照が設定されたボール

縦面に対照が設定されたボール

面を1面だけ選択する

面を1面だけ選択する

 

面を外側に引っ張る

面を外側に引っ張る

 

モデリングの考え方を説明するために、シンプルな球体のモデルを用意しました。

モデルを見ると分かりますが、縦に緑色の対称線が入っている状態です。

この状態で、「フォームを編集」で1面だけ外側に引っ張ると

全ての縦面が移動し、南瓜っぽい形が簡単に作れます。

今回はこの方法を使って、Fusion360のスカルプト(フォーム)で、瓶の蓋を簡単に作る方法を紹介します。

Fusion360で作った瓶の蓋

Fusion360で作った瓶の蓋

作成で円柱を作る

作成で円柱を作る

穴の塗り潰しをする

穴の塗り潰しをする

 

まず、最初に作成の「円柱」で元になる形を作ります。この時に縦の面数がポイントです。「面の数=ヒラヒラの数」になります。
面の数は後から足すこともできますが、形が崩れやすいので、最初が結構肝心です。

円柱ができたら、次に「穴の塗り潰し」で円柱に蓋をします。

面を1面だけ選択する

面を1面だけ選択する

選択範囲を反転します

選択範囲を反転します

 

続けて、冒頭の球体のように、縦面全体を対称にして緑色の線を全体にいれる状態にします。

これを準備としてやっておかないと、蓋のヒラヒラを一つ一つ入れる大変な作業が発生します。

この時に使うのが、1つの面だけを残して、「円形複製」する方法です。

こうすると、縦のリンクを一気にいれることが可能です。

まず、最初に縦面を1つだけ選択します。
そして、選択オプションを使って、選択範囲を反転させます。

続けて、1面だけを残して他の部分を全て削除します。

 

選択範囲が逆になる

選択範囲が逆になる

削除で1面だけ残す

削除で1面だけ残す

 

さらに、「エッジを挿入」で左右両端にエッジを加えます。

これも、ヒラヒラを作る準備です。狭いエッジがヒラヒラの山に当たる部分です。

エッジは左右両端、同じ場所に入れましょう。

補足すると、同じ場所にエッジを入れてもずれて見えます。
不揃いの状態を修正するには、「均一化」ツールを適用します。

こうすると、エッジが同じ場所にならされます。

これで、「円形複製」の準備が完了です。あとは、対称の「円形複製」をすると、全体に緑の線が入ります。

両脇にエッジを挿入する

両脇にエッジを挿入する

エッジの位置が不揃い

エッジの位置が不揃い

均一化でならす

均一化でならす

 

円形複製する

円形複製する

 

円形複製ができたら、ヒラヒラを作る準備完了です。
ヒラヒラの元になる場所を選択して、「フォームを編集+Alt」で面を差し込みながら奥に押していきます。

全体が対称状態なので、1つの面を押すだけで、全ての面が同じく凹みます。

続けて、凹んだ下の面を、1つ削除すると、ヒラヒラが出来上がります。

引っ込める面を選ぶ

引っ込める面を選ぶ

Alt+フォームを編集で引っ込める

Alt+フォームを編集で引っ込める

下面だけ選択する

下面だけ選択する

ヒラヒラが現れる

ヒラヒラが現れる

 

瓶の蓋は、これでほぼ完成ですが、最後はちょっとした微調整です。

下のエッジをループ状に選択して、「3D拡大縮小」で外側にちょっとだけ拡げます。

これで、より瓶の蓋っぽくなりましたね。

Fusion360のスカルプト(フォーム)を使えば、瓶の蓋のような一見複雑な形状も、あっという間に作ることができます。

下エッジをループ選択

下エッジをループ選択

外側に広げる

外側に広げる

瓶の蓋の完成

瓶の蓋の完成

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。