HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360の2次元図面モードの使い方

Fusion360の2次元図面モードの使い方

長さ寸法を設定する

物作りでは、2次元の図面がまだまだ使われています。
Fusion360は3DCADなので、3Dデータを元にして素早く平面図を作ることができます。

今回は、こんな感じのシンプルなカップの2次元図面を作るプロセスをご紹介します。

まずは、モードを「図面」に切り替えて「デザイン」からを選びます。

モードを図面にする

モードを図面にする

 

続けて、読み込まれたオブジェクトをベースビューをとして適当な所に置きます。

そして、メニューから「投影ビュー」を選んで、三角法の図面を作ります。

ベースビューを置く

ベースビューを置く

 

投影ビューで、3面図を作る

投影ビューで、3面図を作る

 

投影ビューでは、正面図や側面図だけでなく、斜めからみるアイソメ図

を作ることもできます。

斜め視点のアイソメを作る

斜め視点のアイソメを作る

これで、図面はできたので、次は寸法を入れていきます。

寸法から「長さ寸法」を選んで、ポイントを指定すると寸法を入れることができます。

これは単にクリックするだけなので簡単ですね。

長さ寸法を設定する

長さ寸法を設定する

長さ寸法を設定する

長さ寸法を設定する

長さ寸法を設定する

長さ寸法を設定する

 

あとは結構便利なのが、「断面図」と「詳細図」です。

「断面図」は、2点以上をクリックすると、そこを基準に断面を作ることができます。

図面は細かくなりがちなので、強調したい部分には「詳細図」を使うこともできます。

断面図を作る

断面図を作る

拡大図を作る

拡大図を作る

 

図面ができたら、PDFにして書き出すこともできます。

最後に図面は日本だと三角法で書くことが多いですが、なぜかFusion360は一角法がデフォルトです。なので、設定を三角法に変更して置きましょう。

PDFに書き出す

PDFに書き出す

投影角度を三角法に変える

投影角度を三角法に変える

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。