HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360で車をモデリングする入門(1)

Fusion360で車をモデリングする入門(1)

Fusion360で車をモデリングする連載の第一回目です

車も形状によって作り方が変わります。
今回は一番簡単なビートルをテーマに、Fusion360での車のモデリング入門を4回程度に分けて紹介します。

車はかなり部位が多いので、パーツごとに作りますが
今回は、ドア、ピラー、フェンダー、サイドシェルの4カ所です

 

Fusion360で車の各パーツを作る

Fusion360で車の各パーツを作る

【ビートルの図面について】
動画の中では、こちらのサイトの1938年製VW38の図面を使用しています(ビートルの原型)

 

STEP0:まず下準備からスタート

最初は、ビートルの図面をキャンパスで背景に貼り付けた状態からスタートします。

まず、Fusion360のモードをフォーム(スカルプト)にしてスケッチを書きます。
車のキャラクターラインを、スプラインでなぞるように描きましょう。

そして、スプラインにフォームの押出しをして平らな面を作ります。

これで車のベースになる形ができましたが、このままだと平面的です。

なので、視点を斜めにした状態で、挿入点を使ってエッジを挿入します。
新しくできた面を削除すると、車の形状に沿った面が出来上がります。

スプラインでキャラクターラインを描いていく

スプラインでキャラクターラインを描いていく

フォームの押出しでベースの形状を作る

フォームの押出しでベースの形状を作る

斜め角度のままの挿入点でエッジを加える

斜め角度のままの挿入点でエッジを加える

余計な面を削除して、ラインに沿った面ができる

余計な面を削除して、ラインに沿った面ができる

 

STEP1:ドアになる部分を作る

続いて、ドアの部分を作ります。車自体の側面を構成するパーツです。
フォームを編集で、ベースの形を下に面を差し込みながら伸ばしていきます。

実際のドアより下に伸ばした状態にして、挿入点でエッジを入れます。これも不要な部分をカットします。

これで、ドアの元になる形状ができました。

フォームを編集で面を下に差し込んでいく

フォームを編集で面を下に差し込んでいく

面をドアの下まで伸ばす

面をドアの下まで伸ばす

余計な部分は挿入点でカットする

余計な部分は挿入点でカットする

ドアの元になる形状が完成

ドアの元になる形状が完成

 

STEP2:ピラーになる部分を作る

余計な部分を削除して、上のエッジをフォームを編集で上に引っ張ります。

実際のピラーより長めに引っ張ることで、はみ出した部分は、挿入点でカットしていきます。

これでピラーになる部分が完成しました。

ドアと同じく、ピラーの部分もエッジを上に引っ張って作る

ドアと同じく、ピラーの部分もエッジを上に引っ張って作る

横から見てルーフよりも上まで面を引っ張った状態にする

横から見てルーフよりも上まで面を引っ張った状態にする

挿入点で形を整えていく

挿入点で形を整えていく

ピラーの元の形ができた状態

ピラーの元の形ができた状態

 

STEP3:フェンダーになる部分を作る

タイヤをカバーするフェンダーになる部分を作ります。挿入点で、下絵を元にエッジを入れていきます。さらに、エッジを加えた状態で不要な面を削除しながら、形を整えていきます。

続いて、フェンダーのタイヤ側になる部分を作ります。まず準備としてスケッチを描きます。
さらに、スケッチをフェンダーの外側に移動して、やや傾けていきます。

そして、プルでエッジをスケッチにフィットさせると完成です。

挿入点でフェンダーの形を取っていく

挿入点でフェンダーの形を取っていく

前と後ろの面を削除してフェンダーの根元の部分を作る

前と後ろの面を削除してフェンダーの根元の部分を作る

スプラインでフェンダー内側のスケッチをかく

スプラインでフェンダー内側のスケッチをかく

面を内側に差し込んでフェンダーの元を作る

面を内側に差し込んでフェンダーの元を作る

スケッチをフェンダーの内側に移動する

スケッチをフェンダーの内側に移動する

プルでスケッチに面をフィットさせる

プルでスケッチに面をフィットさせる

 

STEP4:サイドシェルになる部分を作る

フェンダーをつなぐ部分です。ドアの下の部分に、挿入点でエッジを入れます。
これを手間に面を差し込みながら引っ張り、面の辻褄を合わせるとサイドシェルの完成です。

これで、側面のボディが大体できました。

次の記事ではルーフやボンネット、バンパーなどの部分を作成します。

ドアのした部分にエッジを挿入する

ドアのした部分にエッジを挿入する

手前に面を差し込んでサイドシェルを作る

手前に面を差し込んでサイドシェルを作る

面を貼り直して辻褄を合わせる

面を貼り直して辻褄を合わせる

サイドのボディのベースが完成

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。