HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】スカルプトでキャラの鎧や服を作る方法

【Fusion360】スカルプトでキャラの鎧や服を作る方法

Fusion360のスカルプト(フォーム)は、CGバリになんでも作れる機能です。

しかし、画像を作るCGとは違い3DCADなので、3Dプリントなどの加工用のデータに出来るのが大きなメリットです。

今回は、以前に作ったキャラクターに鎧を着せて、「たぬきの戦士」を作成して見ました。

タヌキのキャラクター

タヌキのキャラクター

鎧を着せてタヌキの戦士にする

鎧を着せてタヌキの戦士にする

 

キャラの体にピッタリな形を作る方法「面のコピー」

曲面形状にぴったりとした形を作るプロセスは以下の通りです。

この方法を使えば、鎧だけでなく洋服なんかも簡単に作ることができます。

ポイントは、面をコピーすることです。

曲面に沿った形を作る方法

曲面に沿った形を作る方法

原理を簡単に説明するために、キューブ型のシンプルなモデルを用意しました。

そして、キューブ型の面をコピー。コピーした面に「厚み」をつけて、干渉している部分は「結合」で削り取るというプロセスです。

これは、キャラなどの曲面だらけのモノに、洋服的なものを着せるのに有効な方法です。

キューブ型の曲面形状

キューブ型の曲面形状

面を選択してコピーする

面を選択してコピーする

面に厚みをつける

面に厚みをつける

 

Fusion360のスカルプト(フォーム)で鎧を作る

まずは、鎧として使える面をキャラから選択します。面を選択したら「コピー&ペースト」すると

面を抜き出して、鎧の原型のような形ができます。

ここから、鎧らしい形を作ります。

鎧になりそうな部分を選択

鎧になりそうな部分を選択

選んだ面をコピー&ペーストする

選んだ面をコピー&ペーストする

鎧の原型が出来る

鎧の原型が出来る

 

まずは、肩口の部分を鎧らしく大きくして行きます。しかし、単に大きくすると腕と干渉します。

そこで、余計な面は単純に削除します。

フォームを編集で肩口の部分を大きくする

フォームを編集で肩口の部分を大きくする

食い込んでいらない面を削除する

食い込んでいらない面を削除する

 

次に首周りの部分を作ります。首回りは原型のママだと短いので、上に伸ばして真ん中に畳むようにして行くとそれっぽくなりました。

首回りをフォームを編集で上に持ち上げる

首回りをフォームを編集で上に持ち上げる

中央に揃えて、首回りの完成

中央に揃えて、首回りの完成

 

鎧の質感をつける「エッジの挿入」と「面の差し込み」

さらに、鎧っぽい質感をつけて行きます。

面を「エッジ」を挿入でエッジを加えることで、鎧らしく造形することが可能です。

まずは、肩当ての部分にエッジを加えて、形状を整えます。

「Alt+フォームを編集」で面を差し込んで行くと、鎧っぽい形に造形できます。

肩当ての部分にエッジを挿入する

肩当ての部分にエッジを挿入する

ALT+フォームを編集で形を整える

ALT+フォームを編集で形を整える

ちなみに、Fusion360のスカルプト(フォーム)は面を引っ張りあってできています。

なので、よく見てみると、面が引っ張られすぎな形になることがあります。

そういう場合は「ユーティリティー>ボックス表示」にすると、問題箇所を発見しやすくなります。たぬきの戦士も、ボックスにすると面同士が食い込んでいたので、解消して起きました。

面の引っ張り具合が強い箇所が出てくる

面の引っ張り具合が強い箇所が出てくる

ユーティリティー>ボックス表示にすると、面が干渉している

ユーティリティー>ボックス表示にすると、面が干渉している

面を移動して形を直す

面を移動して形を直す

 

さらに、ボディ全体にもエッジを加えます。

エッジが入ったら、「Alt+フォームを編集」で面を差し込んで造形すると

だいぶ鎧っぽい感じになりました♪

胴体部分にもエッジを挿入する

胴体部分にもエッジを挿入する

ALT+フォームを編集で鎧らしく造形する

ALT+フォームを編集で鎧らしく造形する

スカルプト(フォーム)での鎧の完成

スカルプト(フォーム)での鎧の完成

 

この方法を使えば、キャラクターに洋服を着せるのもそんなに難しくなさそうです。

最後に、「外観」でポリゴンに色や質感を加えると、より鎧っぽくなります。

曲面をコピーする方法は

キャラクターをそれっぽく仕上げるに、便利な方法なのでどんどん使って行こうかと思います。

鎧に「外観」で色をつけるとそれっぽく見える

鎧に「外観」で色をつけるとそれっぽく見える

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。