HOME >>  メーカーズニュース > 低価格の高機能レーザー「HAJIME」に、火災探知システムが搭載!
メイカーズラブオンラインへ

低価格の高機能レーザー「HAJIME」に、火災探知システムが搭載!

低価格ながらハイエンドに迫る性能を持つレーザーカッター「HAJIME CL1 PLUS」がモデルチェンジ!『火災検知システム』が搭載されました。

HAJIME CL1 PLUSの詳細へ

 

機材のダメージを防ぐ!新しいタイプの火災検知

火災検知システムは、多くのハイエンドのレーザーには採用されている機能です。
ただし、そもそも燃焼加工を行っているので、火災検知は難しい技術となります。

それは、加工中の火花なのか、発火して燃えてるのかを機械的に判定することが困難だからです。

そのため一般的な火災検知では、機械内に炎が大きく広がり、大きなメージを受けないと検知することができません。つまり、検知した時には機材が壊れている事があるわけです。

そこで、「HAJIME CL1 PLUS」では、独自アリゴリズムによる『火災検知システム』を搭載。
発火燃焼による危険な炎だけを、検知することが可能になったそうです。

そうなると、機材がダメージを負わない状態で火災を検知することが期待できます。

レーザー加工中の火花と発火燃焼による炎を判別し、いち早く初期火災を検知、アラームで警報します。

レーザー加工中の火花と発火燃焼による炎を判別し、いち早く初期火災を検知、アラームで警報します。

 

連続加工が可能のペルチェ式冷却システムがパワーアップ!

低価格のレーザーカッターは水冷式で、連続加工が難しいタイプが多くなります。

しかし、「HAJIME CL1 PLUS」は、前モデルよりペルチェ素子による冷却システムを採用。
連続加工が可能になり、大幅に加工時間がのびました。

また今回のモデルチェンジでは、内部構成部品をゼロから再設計。
さらに強力な冷却能力を発揮することに成功しているそうです。

 

安全性と加工時間が共にパワーアップした「HAJIME CL1 PLUS」の本体希望小売価格は、728,000円(税別)です。

 

「HAJIME」はメイカーズラブでも使っているレーザーカッターです。
元々高機能でしたが、さらにハイエンド機に迫る性能になってきていますね。

今後の開発も楽しみにしたいと思います。

HAJIME CL1 PLUSの詳細へ

 

レーザーカッターに必須のイラストレーター入門

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。
しかし、加工データを作るにはイラストレーターの操作が必須です。

そこで、レーザーカッターには必須のイラストレーターを
初心者や苦手な人でもマスターできる入門講座を始めました

■イラストレーターを覚えながら、レーザーカッター学ぶ

1.初心者や挫折組でもイラストレーターの操作をマスター。
2.製品レベルの課題を作りながら学べる。
3.レーザーの加工法を学んで、実際にカットもする。



詳細はこちらへ

レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3