HOME >>  3Dプリンター > mplab_ipeの使い方

mplab_ipeの使い方

※2014/7/28に書いた記事です

ネットで情報が少ないので、PICマイコンにHEXファイルを書き込む手順を書いておきます。

【基本情報】
OS:Mac Mavericks(osX 10.9.4)
mplab_ipe: Ver 100.0

【ソフトの立ち上げ方】
「アプリケーション」 → 「microchip」 → 「mplabx」
とたどって、以下のアイコンをクリックします。
2014-07-28_00

 

【更新手順】

1.アドバンスモードにする
「Settings」 → 「Advanced Mode」を選択
2014-07-28_01

 

2.パスワードの入力
入力ブースの直下に書いてるのですが「microchip」がデフォルトのパスワードですので、これを入力して「Log on」してください。
2014-07-28_02

 

3.設定の準備
PICkit3にマイコンを接続をUSBケーブルで接続する
2014-07-28_03

・マイコンの選択
画面の「Device」から接続するマイコンを選択する

・「Connect」ボタンを押す
「Output」に以下のコメントが出ればOKです。
2014-07-28_04

 

【電源の準備】
※こちらは、USBから電源供給する場合に使ってください。
2014-07-28_05

・画面左のPowerブースを押す。
・Power Taget Cicuit from Toolのチェックを入れる
 

4.書き込み
2014-07-28_06

 

・ファイルの参照
コンパイルしたHEXファイルにを「Source」の「Browse」から参照させます。
読み込みに問題がないと「Output」にこんなコメントが出てきます。
2014-07-28_07

 

・書き込み
「Program」ボタンを押す
書き込み完了後に「Output」にこんなコメントが出てきます。
2014-07-28_08

 

・切断
「Disconnect」を押して切断して、マイコンを取り外します。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス