HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > 夢物語じゃない。サイエンスZEROで見た、3Dプリンターの意外な可能性

夢物語じゃない。サイエンスZEROで見た、3Dプリンターの意外な可能性

 

先日NHKの「サイエンスZERO」で3Dプリンター特集サイエンスZERO「3Dプリンター“魔法の箱”の真骨頂!」を見ました。

よくある”製造業が民主化する”みたいな夢物語的なアプローチではなく、科学番組らしく「素材開発」にフォーカスしている所が面白かったですね〜

NHKサイエンスZERO 3DプリンターサイエンスZERO「3Dプリンター“魔法の箱”の真骨頂!」

例えば、

★小指で持てるほど軽いのに重い物を支えられる骨格

★金属なのに水を吸収する素材

★超高性能なコンピューターがプリントで作れる

など

番組の中で印象的だったのが、

「今までは作れるものしか作ってなかった」という
下りです。

技術の発達で出来ないものって無いんじゃないかと思っていましたが
結局、「金型」や「切削」という工業プロセスに載らないものは
始めから作っていなかった訳です。

3Dプリンター サイエンスゼロ

例えば、この骨格構造のような台は、小指で持ち上げられるほどの軽さです。

でも、重さ30キロのモノを軽々と支える強い構造物になっています!
これは物体が圧力を受ける部分が限られているので
不要な部分を削除したらこなったそうです。

現状としては今までも分かっていたけど
「金型」では成形後に型から抜く事ができず、「切削」だと刃が入らないので出来なったんですね〜

単純に有機的な形が作りやすくなっただけでスゴいですが
「水を吸い込む金属」など今後どんな製品に反映されてくるのか楽しみですね〜

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス