HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【モデリング編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

【モデリング編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

今回は、3Dプリンターのゴム素材と、無料CADのFusion360を使って
オリジナルの猫グッズを作ります。

テーマは1年ぐらい前に作った、猫用のドアノブ・ガードです。

ドアノブにつけて、強力な猫パンチから我が家のドアを守る超プライベートなグッズです  =^_^=

以前作ったモデルは、ドアに止める部分も樹脂だったので、猫パンチで壊されてしまいました。。。

猫の侵入から我が家を守る、ドアガード

猫の侵入から我が家を守る、ドアガード

そこで、1年ぶりのリベンジとして
今回は留め具の部分をゴム素材で3Dプリントすることにしました!

UPシリーズ用のゴムフィラメントですが、かなり柔軟性があって使える素材です。

猫パンチで破壊された 3Dプリンターとゴム素材を使ったグッズ作り

 

 

イラストからモデリングしてるみる

まずは、どの位の大きさで作るかイラストで大まかな大きさを決めます。

かなり、ドアノブの部分意外はかなり適当に寸法もいれていきます。
このぐらいのモノだと、ドアノブ部分さえちゃんとしていれば、問題はありません。

イラストからCADデータにする

モデリングは無料CADのFusion360で行います。

まずは、猫カバーのボディ部分を作ります。

スケッチを書いて、カーブの部分を押し出します。

ボディのスケッチを描く

ボディのスケッチを描く

スケッチを押し出してボディを作る

スケッチを押し出してボディを作る

土台になる形ができたので、上にスケッチを書いて、ネコ型にカットしていきます。

耳や、目の部分が完成しました。

ボディの上にスケッチ作って、ボディをカットしていく

ボディの上にスケッチ作って、ボディをカットしていく

耳と目が開いて、ボディが完成

耳と目が開いて、ボディが完成

あとは、ゴムで作る、台座の部分をモデリング。

ここは、ドアノブにバッチはめたい部分なので、寸法を入れてスケッチを書いていきます。

スケッチを立体化して、ボディとジョイントする部分も作ります。

寸法をカッチリ入れてスケッチ

寸法をカッチリ入れてスケッチ

台座を立体化 台座が完成

できたら、全体的にフェレット(丸み)を入れて完成しました。
単にプリントするだけなら、このCADデータで十分です。

全体的にフェレットを付けて完成

全体的にフェレットを付けて完成

ドアノブとドアも一緒にモデリングする

ドアノブとドアも一緒にモデリングする

ついでに

あとで、Fusion360のアセンブリやアニメーションも後で紹介するため
ドアとドアノブも作成します。

レンダリングしてみると、なかなかリアルに見えますね。(ここまで出来るとプリント不要では?とも思えてきますww)

次回は、このデータを実際にゴム素材を使って

3Dプリントと、研磨などの後加工をやってみます。

ドアとドアノブもモデリング

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ