HOME >>  3Dスキャナー > 3Dプリンターで作るオーダーメイド靴、Shose Cafe(シューズカフェ)が3ヶ月待ちの人気に!

3Dプリンターで作るオーダーメイド靴、Shose Cafe(シューズカフェ)が3ヶ月待ちの人気に!

3Dプリンターは、個人個人に合わせた商品を作るのに力を発揮します。
そんな、3Dプリンターを使ったユニークなサービスが、国内のベンチャー企業でスタートしています。

株式会社ミリメーターのサービス「Shose Cafe(シューズカフェ)」は、靴のフルオーダーサービス。
3D技術を使って木型を作り、一人ひとりにフィットする靴を作ってくれるそうです。

3Dプリンターを使ったオーダーメイドシューズ「Shose Cafe(シューズカフェ)」

Shose Cafe(シューズカフェ)の予約サイトはこちらへ

ふつうオーダーメイドで靴を作ろとすると、木型を職人が手作りする必要があり
十数万円以上の価格になっているそうです。

しかし、「Shose Cafe」は、3D計測と3Dプリンターを使った木型を作ることで
6万円からオーダー可能とのこと!

3Dプリンターで木型を作る

3Dプリンターで木型を作る

3Dプリンターで木型を作る

3Dプリンターで木型を作る

 

【ご注文までの流れ】

Step.1 ご予約
Step.2 ご来店 ~計測とデザイン選定~ (所要時間約60分)
Step.3 靴の製作  3Dプリンターにより木型を作成し、木型をもとに靴を作成
Step.4 お渡し ~フィッティング再来店~ (注文後3ヶ月)

 

【平均価格】

・プレーンパンプス 6万円より
・デザインパンプス 8万円より
※デザインによって異なります。

シューズカフェの事例 シューズカフェの事例 シューズカフェの事例 シューズカフェの事例 シューズカフェの事例シューズカフェの事例

 

 

「Shose Cafe」は、なかなか自分に合う靴がなく、苦労している女性には嬉しいサービスですね。
ちなみに、「Shose Cafe」には注文が相次ぎ、現在3ヶ月待ちとのことです!

 

Shose Cafe(シューズカフェ)の予約サイトはこちらへ


 

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ