HOME >>  3Dプリンター > ガラスを気軽に3Dプリントできる?!新しい素材が開発!

ガラスを気軽に3Dプリントできる?!新しい素材が開発!

3Dプリンターでは、樹脂から金属、カーボンなどいろいろな素材をプリントすることが可能です。しかし、石英のような高純度ガラスの3Dプリントは難しいのが知られています。

以前、MITが開発しているガラス3Dプリンターをご紹介しましたが、
ガラスを溶かす高温炉を備えた大掛かりな装置になります。

ガラス3Dプリンター

高温炉でガラスを溶かす従来の方法

ガラス3Dプリンター

積層プリンターで造形された荒い目のガラス

 

 

ドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)の研究チームが、光造形3Dプリンターで使える
ガラスの3Dプリント素材を開発しているそうです。

彼らの研究成果が「Nature」に掲載されています。

光造形された3Dガラス

光造形された3Dガラス(出典:Nature)

 

この技術を使えば、光造形の3Dプリント中には、ガラスを溶かす高温が必要じゃないそうです。

仕組み的には液体ポリマーとガラスの粉末の混合物を使います。ポリマーは感光性があるので、光造形の3Dプリンターで造形が可能です。

プリント後に熱処理をすることで、透明なガラス素子となります。

造形されたガラスを熱処理する

造形されたガラスを熱処理する(出典:Nature)

ガラス造形のプロセス(出典:Nature)

ガラス造形のプロセス(出典:Nature)

 

印刷されたガラスは、800度までの高温にも耐えることができます。さらに、金属塩を加えることで着色ガラスも作成できるそうです。

光造形の素材としてガラス提供されるようになると
従来の吹きガラスに取って代わる方法になるかもしれませんね。

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス