HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】折りたたみ式ヘッドホンを作りアニメーションさせる方法

【Fusion360】折りたたみ式ヘッドホンを作りアニメーションさせる方法


Fusion360で家電製品を作ってみるシリーズ

今回はのテーマは「ヘッドホン」です。
しかも、最近のヘッドホンでは必須の折りたたみ式にしてみました。

最後におまけて、折りたたむ様子を「モーションスタディ」でアニメーションにしています。

 

 

ヘッドホンのためのスケッチを描く

まずは、寸法を出すために、人間の頭サイズのスケッチを描いてみます。

そして、頭に合わせてバンドの元になるスケッチを描いていきます。

人間の頭のサイズを考慮してバンドのスケッチ描く

人間の頭のサイズを考慮してバンドのスケッチ描く

 

続いてスピーカー部分のスケッチを書き込みます。

スピーカーは耳に当たるので、結構角度がつきます。そこで、角度のついた平面を構築の「傾斜平面」で作ります。

あとは耳のサイズに合わせてスケッチを描き、ヘッドホンのベースになるスケッチが完成です。

構築の「傾斜平面」で角度のある作業面を作る

構築の「傾斜平面」で角度のある作業面を作る

耳のサイズに合わせてスケッチを描く

耳のサイズに合わせてスケッチを描く

バンドとスピーカー部分を3D化する

スケッチができたら「スイープ」でバンドを立体化します。
「スイープ」プロファイルが1つで2つのレールが使えるので
「ロフト」にくらえて、大雑把なスケッチでも形を作ってくれる便利なコマンドです。

次に、バンドとスピーカーを繋ぐアームを作ります。

「スイープ」でバンドを立体化

「スイープ」でバンドを立体化

アーム部分を作る

アーム部分を作る

 

ヘッドホン部分は、単に「押し出し」で立体化させるだけなので、結構簡単です。

耳あてに当たる部分は、それっぽく見えるように丸めておきます。

「押し出し」でスピーカー部分を作って行く

「押し出し」でスピーカー部分を作って行く

耳に当たる部分は丸くする

耳に当たる部分は丸くする

 

ヘッドホンの構造部分を作る

あとは、可動する構造を作り折りたためるようにします。

ヒンジを作るために、バンドを分割するスケッチを描きます。
ヒンジの構造自体は割とシンプルな形にしました。

バンドを分割するスケッチを描く

バンドを分割するスケッチを描く

シンプルなヒンジを作る

シンプルなヒンジを作る

 

少し難しいのは、ヘッドバンドの部分ですね。
ここは伸び縮みするので「プロジェクト」を使って、アームの3D形状からスケッチを作ります。

「プロジェクト」でヘッドバンドのスケッチを投影させる

「プロジェクト」でヘッドバンドのスケッチを投影させる

ヘッドバンドを押し出す

ヘッドバンドを押し出す

 

デザインに色をつけるため「外観」で、質感を適用していきます。
片側しかないので、「ミラー」で反対にコピーしてヘッドホンは完成です。

「外観」を適用してヘッドホンの片側が完成

「外観」を適用してヘッドホンの片側が完成

作成の「ミラー」で、反対側にコピーする

作成の「ミラー」で、反対側にコピーする

 

 

ジョイントとモーションスタディで、ヘッドホンを折りたたむ

最後に、折りたたみのアクションを「ジョイント」でつけていきます。

アームを折りたたむアのはジョイントの「回転」です。これはお馴染みの機能なので簡単です。

しかし、ちょと困ったのがヘッドホンのヘッドバンドを伸び縮みです。
普通の「スライド」だと、角度をつけた移動ができないので「平面」を使って実現させました。

 

ジョイントの「回転」で折りたたみ

ジョイントの「回転」で折りたたみ

ジョイントの「平面」で、角度のついた伸び縮みさせる

ジョイントの「平面」で、角度のついた伸び縮みさせる

 

おまけに「モーションスタディ」で複数のジョイントを組み合わせ
ヘッドバンドが伸び縮みして、折りたたみをするアニメーションを作ってみました!

ここまで出来るとFusion360もなかなかのモノですね♪

モーションスタディでアニメーション

モーションスタディでアニメーション

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ